intruderの有効性

イントルーダーの有効性

今さらながらイントルーダーの有効性について実感していることをレポートします。
あくまでも私的意見ですので参考までに・・・

イントルーダーのシャンクについて
①シングルフックのロングシャンクをゲイブ前でカット
②ウォディントンシャンク
③プラスティックチューブ、アルミ、カパーetc・・・
b0072541_046589.jpg

①を使用するときは比較的小型のフライ(全長5cm~7cm程度)をタイイングする時に使用する。フライを漂わせたい時や食いが浅いと感じられるときに、フックとほぼ同等のウイングの長さにタイイングするとショートバイトも捕らえる確率が上がるように感じられる。年間の中で一番使用頻度が高いフライ・・・
②と③の使用は春の増水時や鱒の活性が低いときに大型(全長10cm前後)にタイイング。目立つことを前提として鱒に発見してもらえる確率を上げる。カラーはほとんどオレンジかブラック。この二つで十分かと思っている。
プラスティックチューブを使用する時は重いラインを使用する代わりにフライをやや浮かせたいときに使用。イトウ狙いの時などはウォディントンなどの重いフライを使用せずに水に馴染み漂うプラスティックチューブを使用する。


イントルーダーのメリット

シャンクが長くなると鱒が暴れたときにフックアウトする確率が上がる。フッキングした角度と異なる方向へ鱒が暴れだすとロングシャンクが抵抗になり、バラした経験が多数あり。単純に針掛かりが浅かっただけかもしれないが・・・。
その点、イントルーダーはフック部分が自由な動きをしてくれるため、鱒の動きを追従できる。最近はストリーマー系は全てイントルーダータイプにしている。
先にも述べたが通常のシングルフックを使用すると、フックポイントとウイングとの先端までの距離が離れてしまうため、ショートバイトの時にはアタリはあるものの、フッキングまでに至らないケースがあると思われるが、イントルーダータイプはフックポイントとウイングの長さをほぼ同じ長さに調整できるため、小さなアタリも高確率で捕らえることができるのが最大の利点だと思っている。
[PR]

by akiranspey | 2009-11-30 00:48 | ウエット&スペイ | Comments(4)

Commented by にーさ at 2009-12-01 01:22 x
akiranさん こんばんは。

実り多い十勝だったようで。
イントルーダー恥ずかしながら知ったのは
最近です。

今度ぜひレシピ教えてください。
また寄らせていただきます。

Commented by B-R-Bros at 2009-12-01 20:34
akiranさん、こんばんは。
①のタイプ、初めてカムチャッカへ行った時、用意していって使って魚がヒットしたまでは良かったのですが、
魚とファイとしている途中でフックを止めているワイヤーがボディーごとシャンクからすっぽ抜けた事があります(笑)
友人も同じ体験をしました!
魚がデカイってこともありますが、接着剤などを使ってしっかり止めないと、
想像できなかったことも起こりますね~(笑)
DVD「SKAGIT MASTER」ご覧になりましたか?  
ED WARDのタイイングするイントリューダー参考になります!
Commented by akiranspey at 2009-12-01 20:50
にーささん、どもです。
十勝の流れ、よかったですよ~(笑)
茶鱒、虹鱒、雨鱒と一日で三魚種釣ったのは初めてでした。
また仕事場にお立ち寄りくださいね~。
Commented by akiranspey at 2009-12-01 21:02
RYOさん、こんばんは。
さすがにカムチャッカの魚はパワフルですね!!
①でループを作るときは必ず折り返してループを作るように気をつけてみます(笑)
「SKAGIT MASTER」見ました~。
もう一度DVD見てイントリューダー参考にしてみます!!

<< フライバリエーション 十勝川下流の雨鱒釣り >>