Fishing Bag


私の所有しているFishing Bag・・・
バックの中には、チェンジャブルティップ、フライボックス、ティペット、シンキングリーダー、ライトなどなどいろんなものを詰め込んでいます。
ベストもたまに着用しますが、どちらかというとバッグ多いかな・・・。

b0072541_0115984.jpg

SILVER LAKE CLUB
34×23×9cm
素材はヘンプ(麻)です。かぶせ型ショルダーで、前面にネットを使用し、かぶせにファスナーポケット、中にはファスナーポケット、ペットボトルホルダー、携帯ポケット、メッシュの差込ポケットがあります。
前面のネットはフライをちょっと引っ掛けておいたりするのに便利ですね。
b0072541_0135494.jpg

裏面にも差し込みポケットがあります。変わった機能としてかぶせの裏側にファスナーがあり、かぶせを外さなくても中の物が取り出せるようになっています。ふたを開けなくても中のものが取り出し可能です。バックの内張りはアルミコートクロスです。バックのなかを整理して使用するには使い勝手がいいと思います。


b0072541_0125089.jpg

WaxLeather Tarras Bag
38×27×10cm
バーブアー社では有名なタラスバックです。
本体はワックスド・コットン、蓋の部分はワックスド・レザーで作られた
防水使用のバッグです。
使い込んでいますので、いい風合いがでてきています。
ワックスレザーとワックスコットンのコンビネーション、ブラス(真鍮)製ストラップのバックルを使用し、クラシカルでいい雰囲気を醸し出しています。
b0072541_0173565.jpg

バーブァー・タータンのコットン素材でライニングされ長さ調節可能なコットン・ショルダーストラップを使用し、ネットなどを吊るす為のリングが付いています。
フロントの2つのポケットはスナップボタンで開閉します。
b0072541_0183589.jpg


この他にHARDY TroutfisherのようなBarbour製のバッグをたまに使用しますが、
片側のストラップが切れてBarbourのタグも外れてしまっており色あせもひどいですが、これまたいい一品に仕上がっております・・・。
[PR]

by akiranspey | 2009-12-22 00:19 | ウエット&スペイ | Comments(6)

Commented by こるとれーんtone at 2009-12-22 18:37 x
おばんです. Barbourタラスバッグの趣eeですね.
akiranさんのウェットやストリーマやそれから、いっぱい思い出がつまっていそうです^^.
私はベスト派ですが入れすぎでポケットから壊れてきます. ホントはバッグの方がeeんですよね^^.
Commented by B-R-Bros at 2009-12-22 20:36
akiranさん、こんばんは。
真新しいバックはチョット気恥ずかしいですね。
使い込んでヤレテきたくらいがしっくりときます、ボロイのが好き(笑)
Commented by akiranspey at 2009-12-23 00:12
こるとさん、こんばんは。
Barbourはクタクタ感がいい感じになってきました(笑)
横着な私にとって、無造作に詰め込める鞄は強い味方です。
でも、あんまり詰め込みすぎると肩こりがひどいです・・・。
Commented by akiranspey at 2009-12-23 00:14
RYOさん、こんばんは。
鞄も服も靴も少し馴染んできたくらいがちょうどいいですね(笑)
僕もボロいのが好きです・・・。
普段着もいまだに古着が多いですし・・・(笑)
Commented by 110-ken at 2009-12-23 18:22 x
akiranさん,こんばんわ

自分もバック派です。というかもしかするとバック派でしたかな・・・
最近はできる限り持ち歩くフライボックスの数を減らして,ジャケットだけで釣りをすることが多くなりました。
ところでBarbour Thornproof Tarrasを使っていますが,余計なところに水抜き用の穴があって,そこから逆に水が入り釣りをしているとかばんの中がビショビショになってしまいます。今はインナーも売っていないのでどうしようもありません。
Commented by akiranspey at 2009-12-23 22:20
11o-kenさん、こんばんは。
バッグにいれて一番やっかいなのはトイレットペーパーです。
よく釣りをしていてお腹がこわれるものですから・・・
防水バッグは上からの雨はある程度はじいてくれますが、ディープウェーディング時に水につかってしまうと、さすがになかはびしょびしょですね~。
本当は手ぶらで釣りをしたいのですが、当分はバッグは手放せないですね~(笑)

<< 今年もあと・・・ グリーンカラーの魅力 >>