春の予感

b0072541_20571090.jpg

まだ夜が明けない国道の外気温は氷点下4度をさしていた。
冬から春にかけて次第に暖かくなるこの季節では寒さはそんなに感じられず
どちらかというとキリッと引き締まる冷たさにどこか心地良さも感じられるくらいだった。
例年にないくらい残雪が多く本流へアプローチできる場所も限られていた。
友人から教えていただいた残雪が積み重なる場所へ車を止め、うっすらと残る足跡を頼りにその流れの方へ足を運ばせた。
b0072541_20322026.jpg

遠くの東の空が色づき始めると同時にそれなりの恰好に身支度を整え雪原に足を踏み入れた。
朝の冷え切った雪はしっかりと固められ、スノーシューを必要としないくらい楽な道のりだった。
本流の水位は通常より50センチほど高かっただろうか。
気になる濁度は薄暗いうちには確認できなかったが、夜が明けてみると膝までは視界が確認できる状況だった。
ゆっくりとウェーディングを始め、手前側から丁寧に探っていく。
丁度キャストする方向から陽の光が顔を表したころ、アメマスからの最初のコンタクトが訪れた。
増水と濁りに加えて、鱒の数も以前ほど姿を見せなくなったからだろうか、早朝のうちの釣り人は私一人だけだった。
b0072541_2035455.jpg

滔々と音もなく流れる本流に、時折り渡り鳥の鳴き声が甲高く響き渡る。
このゆったりとした時間が一番好きな時間…
遠くに列車が線路を走る音色が響くころになると、近くにいた友人たちが顔を出してくれた。数は多くないけれど、友人たちのロッドにも雨鱒からのコンタクトが訪れていた。
b0072541_20333836.jpg

この広い流れにどれだけの鱒がいるのかわからないけれど期待を裏切らないこの川はいつも釣り人に優しい。
大勢で会話を交わしながらのんびり釣りができる貴重なフィールドがある北の流れに憧れを感じていた。

残雪と増水の影響でポイントが限られる下流域から流れが気になる中流域へと車を走らせた。
毎年流れが変わる中流域で気になる流れを探して川に降り立つ。雪代の影響もなくクリアな水の流れがそこにはあった。
この時期に鱒はどこについているのかさほど引出しのない僕にわかるわけもなく何となく気になる流れにフライを送り込む。案の定何事もなくフライが流れきってくる時間だけが過ぎていた。
しばらく釣り下ると流れに変化のある瀬が広がっていた。流れが右岸にぶつかり瀬尻には深みが形成されていた。流し始めるとすぐに30半ばの鱒からのコンタクトがあった。
きっとまだいると信じて流しているとすぐに・・・

b0072541_20363315.jpg

春がすぐそこまで来ています・・・


Tackle Data
 Rod :R.B.Meiser MKS 13.6f 6#7
 Reel :T-MADE ttコラボ narrow
 Line :skagit inter + type8 15f + 1.5f tippet
 fly :cone head intruder

b0072541_20391860.jpg

[PR]

by akiranspey | 2015-03-16 21:04 | 虹鱒 | Comments(4)

Commented by slowfishing-yun at 2015-03-17 21:03
akiranさん、こんばんは。
これは春の予感ではなく、初夏の予感でしょう(笑)。
アメマスの時期にレインボーとは、これはちょっと驚きでした。
久しぶりの平和園サプライズでしたね(笑)。
また、宜しくお願いいたします。
Commented by andieloop at 2015-03-17 21:26
akiranspeyさん、こんばんは!
何とアメマスのみならず、ニジマスまでキャッチしたのですか!毎回、何らかの嬉しい釣果を残すのはサスガです、サスガ!
新しいロッドに素敵なハンドメイドのリール、それにキレイなニジマス・・・絵になりますね!
Commented by akiranspey at 2015-03-18 01:00
YUNさん、こんばんは。
日中は釣りをするにも心地よい気温でのんびりと釣りができましたね~。今回は一日だけの釣行でアメマスと虹鱒の両方に出逢えればと思っていたところ、珍しく虹鱒にも出逢うことができました。あんまり都合よくいくとあとがつづかないので、しばらくおとなしくしています。またGWの極東の川で宜しくお願いします。
Commented by akiranspey at 2015-03-18 01:02
andieloopさん、こんばんは。
今回お越しになると思っていたのでお会いできず残念でした。
いつもあまりいい思いをしないものですから、たまにはこんな鱒との出会いをお許しください。GWにはそちらにお伺いしますのでその際はご一緒願います。

<< 極寒鱒 R.B.Meiser MKS ... >>