本流の魔力

b0072541_810381.jpg

6月11日(土)
水面が慌ただしくなるこの季節、3カ月振りに北海道の地を訪れた。道北の朝はまだ体に染み入るほどの冷え込みで、冬支度が必要になるものの、その反面、日中の温度計は28度を示し、どうにも服装の調整には頭を悩ませた。
b0072541_8113968.jpg

この旅で最初に向かった道北の本流、最初に入ったランはいつもの本命エリアよりもやや上流域の大岩が点在するエリアで、車の窓を開けると蝉の音色があたりから聴こえてきた。
水温は思ったよりも低いけれど、小さな虫の気配もメインのヒゲナガの姿もあちこちで見られた。ライズは見られないのでまず初めに水面下にセッジ系のフライを流してみるものの反応が見られない。
この後にラインとフライを一段階重いシステムに変更して再び同じランを流してみた。
瀬頭に立ち、流心の向こう側にフライを送り込んでいく。流れの筋を意識してフライに小さなトゥイッチを入れて誘うとラインの動きが一瞬止まったあとに水面が割れてシルバーメタリックに輝くレインボーが陽の光で輝いた。
b0072541_8143939.jpg


各々お気に入りの場所で川に立っていた友人たちがイブニングを終えて、キャンプ場に集合したのは午後8時前。この時間でも西の空はうっすらと昼の名残りが残っていた。
おいしいお酒を飲み肉を食べて終始釣りの話で夜は更けていく。
6月12日(日)
翌朝3時を少し回ったころに目が覚めて友人が前日に大鱒をかけてフックを伸ばされたというエリアで朝のプライムタイムを過ごしてみた。
この場所は以前Lサイズの鱒を掛けているエリアで期待してみたものの、小さなニジマスやヤマメからの反応はあるが、期待していたような「ガツンッ!」という反応は一向に訪れない。
b0072541_8574744.jpg


この日はイブニングまで様々なフライを流し続けたけれど、大鱒からのコンタクトはなく沈黙したままこの日の釣りを終えた。夕食を済ませたあとにこのままオホーツクの流れへと車を走らせる。3日目になると体の疲れと睡魔から薄暗いうちから川に立ちたい気持ちはあるものの、からだがついてこなくなっていた。
6月13日(月)
道北からオホーツクへ向かう途中に何度か仮眠をとり、目的の地へと着いたのは陽がすっかり登った午前5時過ぎだった。友人たちから教えてもらった場所に向かい、スカジットラインを伸ばしていく。この川で最初に出逢えたのは50を少しだけこえたアメマスだったけれど、記録に残す前に流れへと消えていった。イブニング前には最下流から二番目の橋の上流で本流レインボーに出逢う。サイズは大きくないものの何度も跳躍を見せるグッドファイターだった。
b0072541_812886.jpg



この時期、少しでも緩い流れには必ずといっていいほどウグイが潜んでおり、流れを選んでの釣りを考えさせられた3日目の釣旅・・・
この日は北海道に来て初めての湯に浸かった。旅の疲れがどっと押し寄せ、狭い車の中での車中泊だったけれど、あっという間に夢の世界へと落ちていった。
b0072541_8131217.jpg



6月14日(火)
この日は札幌から合流した友人と流れへと向かった。朝のプライムタイムはそれぞれの場所で釣りをし、互いにすこぶる良い反応の流れに立つことができたものの、本命の大鱒には出逢えない。それでも魅惑的な流れと友人との会話にはいつしか訪れるかもしれない大鱒との出逢いを期待させられた。イブニングも真っ暗になるまでフライを流していると、昼間には反応のなかった深場から鱒の反応が見られた。
b0072541_812413.jpg

この日もイブニングを終えて最終目的地である道東の本流へと向かうことを決める。午後9時を示している腕時計、目的地までは4時間といったところだろうか。
Googleマップを片手に最短距離を進む。体の疲れや節々の痛み、毎日の睡眠時間も3時間くらいで眠気もピークに達していた。
初めて通る山道はガスかかっているうえ、鹿やタヌキ、キツネなどが不意に現れておもうようにスピードがあげられない。ヒヤヒヤしながらの運転で、何度も車を止めて外の冷たい空気を受けて眠気を覚ましてたどりついた道東の本流・・・。
6月15日(水)
少しだけ期待してヒンヤリとした空気の流れる本流に足を踏み入れたのは午前3時を少し回ったころだった。事前の情報通り、慌ただしく水面を行き交うヒゲナガの姿は一匹も見かけなかった。本流は春の増水の影響で川への進路をふさがれている場所がほとんどで気持ちよく釣りができる季節はもう少し先のような気がした。そんな中、友人が前日によい思いをした場所へ向かい、釣旅最後の出逢いとなる虹鱒が僕を優しく出迎えてくれた。
また次回の釣り旅に期待して・・・。
b0072541_8463660.jpg

[PR]

by akiranspey | 2016-06-19 10:38 | 虹鱒 | Comments(12)

Commented by abu-z4 at 2016-06-19 15:08
akiranさん、こんにちは。
広い北海道を縦横無尽に駆け回った今回のつり旅、本当にお疲れ様でした。
毎度の事ですが、akiranさんの行動力と体力には感心させられます。
厳しい釣りが続いたようですが、最後には納得の一匹に出会われたようで何よりです。
ここ数日の雨で道内の本流は荒れてしまいましたが、これが落ち着くと本格的なシーズンに入るはずです。
次回は、道東の本流でお待ちしています。
Commented by masa1st1956 at 2016-06-19 18:05
akiranさん、こんにちは。
北海道3本流釣り歩きお疲れ様でした。
何処も期待に反して厳しい中で結果を残されたのは流石です。
私など北の本流2日間でSサイズに救われただけですから(笑)
次は7月ですか?熊の怖い場所でお待ちしています。
Commented by slowfishing-yun at 2016-06-19 20:36
akiranさん、こんばんは。
相変わらずのタフさには脱帽です。
ちょっと長めの北海道釣行、お疲れ様でした。
大鱒との出合いは次回の釣行のお楽しみということで・・・笑。
1912チェック、素敵な音色でしたね。
是非次回は本流で素敵なサウンドを奏でてあげて下さい。
また宜しくお願いいたします。
Commented by sawayakasawade at 2016-06-20 16:26
akiranさん、こんにちは。
さすがタフですね。
僕には到底まねできません!
本流の魔力は非常に理解できますw
あれは人を狂わすので危険ですw
今回は雨でタイミングが悪かったと思いますが、最後には良い鱒との出会いがあったようで何よりです。
次回は無理かもしれませんが、秋にでもゆっくりお会いできたらなと思っております。

Commented by mooly at 2016-06-20 20:06
akiranさん、こんばんは。迷ガイドです。お世話になっております。
今回は遠隔操作ガイドをご利用頂きありがとうございました。
結果に結びつきはしませんでしたので、ガイド料はサービスとさせて頂きます。
懲りずにまたのご利用をお待ちしています。(笑)
次はいつ? 来月ですか?
Commented by akiranspey at 2016-06-20 22:57
ABUさん、こんばんは。
この時期、魅力的な本流がさくさんあって寝る時間を惜しんで
はりきってしまいました♪
そのおかげでまだ体の疲れが残っています。
グッドサイズの鱒には出逢えませんでしたが、皆様にお会いでき酒を飲むことができて非常にありがたい一席でした。
次回は道東の本流になると思いますがお伺いの際はよろしくお願いします。
Commented by akiranspey at 2016-06-20 23:00
masa1st1956さん、こんばんは。
道北の広大な流れは魅力的ですね~(^^♪
きっと私たちがまだ知らないポイントがあって鱒がストックされているのでは、なんて考えてました。
次回はヒグマエリアになると思いますがよろしくお願いします。
Commented by akiranspey at 2016-06-20 23:05
YUNさん、こんばんは。
今回はいつも以上にグッタリでした(笑)
もう少し睡眠時間をとったほうがいいと反省してます。
1912用にMeiserの15fのリールシートを改造してます。次回お伺いは道東の本流になると思いますが、またよろしくお願いします。また7月の半ばにいきますね~♪
Commented by akiranspey at 2016-06-20 23:10
sawayakasawadeさん、こんばんは。
夏は夜が短いので暗いうちに移動すると寝る時間なくなります。昼に休めばいいのですが、なかなかそうはいきませんね~(^^♪
本流は自分が思っている以上に状況が複雑で難解なところが
とても惹きつけられる魅力かと思います~。
あとはどんな大鱒に出逢えるかの期待感もワクワクしますね~。
次回はどこかでご挨拶させていただければと思いますのでよろしくお願いします!
Commented by akiranspey at 2016-06-20 23:13
moolyさん、こんばんは。
期待感満載の情報ありがとうございました♪
魚を出せなかったのは私の至らないところですので
気にしないでください。ガイド料についてはお支払いする予定
はありませんでしたのであしからず(笑)
でもとってもいい流れでしたよ~。下の方ではイブニングは賑わいましたから・・・。
恐れ入りますがまた7月にお伺いしますので、その際はよろしくお願いします♪
Commented by sugi-51 at 2016-06-22 09:55
akiranさん、おはようございます。
ご無沙汰してました。北海道に上陸してからのやり取り、LINEにて拝見してました。
睡眠も疎かに縦横無尽に走る姿には強い情熱が伝わってきます。しかし健康な身体が有ってこそ、それらが成り立っています。くれぐれも安全と健康に気遣って下さいね。無理して毎月いらしたら?(笑)
次回、お会いできる日を楽しみにしてます。
Commented by akiranspey at 2016-06-22 22:51
Sugi51さん、御無沙汰しておりました。今回は強行移動しましたが、ちょっと無理をし過ぎたと感じておりました。。身体の疲れがなかなか抜けません(笑)
次回は少し余裕を持ってと考えております。またお会いした際はよろしくお願いします‼

<< 初夏の風物詩 Beautiful Cherry!! >>