支笏湖のモンスターよ再び!!

b0072541_21335232.jpg

夕刻6時35分。太陽は沈みかけ、かわって月が空を支配しようとしていた。紫色に輝く湖面に向かって丁寧にキャストを繰り返す。そろそろ彼らも活性があがってくる時間か・・・
そう思いながら湖面を凝視してみると30メートルくらい先で潮目ができているのが見えた。
いるとすればあのあたりか・・・そう思いながらフライをそのあたりになじませた。
するとコツンコツン、という控えめなアタリ。30センチ程度のブラウンがあいさつをしてくれた。
遠征の楽しみは1匹の魚との出会いと久しぶりの友人たちとの再会。
とりあえず、両方の目的は達成できた。
気分も最高潮に達し再びキャストを繰り返した。するとゴツン、という根掛かりのような感触が
手元に伝わってきた。
しかし、ロッドが沖の方に引きずりこまれていくと同時にいままで味わったことのない大物であることを確信した。
デカい・・・。
[PR]

by akiranspey | 2006-04-16 21:50 | ブラウントラウト | Comments(2)

Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-04-17 21:02
akiranさん、こんばんは。
blogへのコメントありがとうございました。こちらからもリンクさせて頂きました。今後とも宜しくお願いいたします。
支笏湖では、トロフィーサイズのブラウンですね。こんなブラウンがセミフライにドカンと出たら、視覚的に刺激が強すぎて心臓が止まりそうになってしまいます(笑)。
下の本流スペイ!のノスタルジックな写真、いい雰囲気が出ていますね。写真を見ていると、また、本流にスペイロッドを担いで行きたくなってしまいました。
Commented by akiranspey at 2006-04-17 21:21
YUNさん、こんばんは。
島牧の海アメ、素晴らしい魚ですね。羨ましいです。ここ数年、GWは支笏湖に通って、のんびりフライを楽しんでました(笑)
私にとってはわりと相性の良い湖です。きれいな水と心地よい景色、そんな場所の近くに住んでいるYUNさんは幸せですね!
北海道に釣行の際はいろいろ教えていただければと思いますので
どうぞ宜しくお願いします。

<< お気に入りの一冊。 GW北海道遠征! >>