北海道釣行 第一章 道北のイトウ釣り

6月16日(金)PM6:00に自宅を出発、PM10:00の八戸発苫小牧行のフェリーに乗り込んだ。
いよいよ待ちに待った北海道釣行の始まりである。
朝、目が覚めたころには北の大地にたどりついているはずだが、どうも寝付けない。
寝床についたのはAM1:00過ぎころだったろうか・・・

しかし、北の大地に到着すると一転、眠気は吹っ飛びギラギラ目を輝かせて車を北に走らせた。

お昼ころにはイトウの棲む大河に到着し、先に乗り込んでいる札幌のS氏はすでに70センチクラスのイトウを2本釣り上げていた。

b0072541_22361362.jpg



間違いなくイトウはこの流れを泳いでいる。あとはイトウの目の前に僕のフライを送り込むだけだ。
久しぶりの18フィートのブルース&ウォーカー・・・大河でのスペイキャスト・・・
知らぬ間にニタニタしている自分に気がついた。
出るとすればあのあたりか・・・
そう思いながらキャストを繰り返すがいっこうにイトウは姿を見せない。
甘くないのは十分わかっているが、今回の旅でどうしてもイトウに会っておきたかった。

b0072541_22324495.jpg

                  (S氏の釣り上げたイトウ)

下流に場所を移動し、丁寧に釣り下る。
青い空と彼方にそびえ立つ山、大河の流れ、風に吹かれる風車・・・
自然に溶け込む自分に酔いしれながら、イトウとの出会いは秋まで待ってみよう・・・。

b0072541_22453146.jpg


使用タックル ロッド:ブルース&ウォーカー ノルウェイ18フィート
         リール:システム2 10/11
         ライン:CND10/11インターミディエイト+T14(6m)
         リーダー:-2x9フィート
         フライ:ヘアーウイングパターンetc


第2章 【オホーツク沿岸の河川たち】へ続く・・・
[PR]

by akiranspey | 2006-06-22 22:04 | イトウ | Comments(6)

Commented by flymagic at 2006-06-22 23:16
akiranさん、お帰りなさいませ。
北の大地ではスペイキャストを思う存分楽しめたようで良かったですね。
18ftのブルース&ウォーカーとはスゴイロッドをお持ちで羨ましいです。
秋には、コンディションの良いイトウに出会えると良いですね。
Commented by akiranspey at 2006-06-23 10:02
akaさん、おはようございます。本流でのスペイキャスティング、最高に気持ちよかったです。イトウに出会えなかったのは残念ですが、キャスティングの腕を磨いて、また秋に出直したいと思います!!
Commented by tokyo_terry at 2006-06-23 14:55
akiranさん、お帰りなさい!!
イトウとの出会いは出来なくでもイイ釣りの旅になったんですよね。大きく広いフィールドでロッドを振ると、とても気持ちイイですよね。そこで狙った鱒からのコンタクトがあると、さらに嬉しいですね。さて、第一章ということは、続きがあるようですね。エントリー楽しみにしてますよ!!
Commented by akiranspey at 2006-06-23 15:30
terryさん、こんにちは!!今回の北海道遠征で何か自分でも新たな楽しみを見つけた気がします。それが何か、表現するのが難しいのですが
川の楽しみ方、とでも言うのでしょうか・・・。
第2章以降も近日中に掲載しますので、東北遠征からお帰りの際には
覗いてやってください!
良い釣りができるといいですね・・・!!
Commented by d-yun5-fly-elise at 2006-06-23 21:18
akiranさん、北海道遠征お疲れ様でした。
楽しまれたようでなによりです。道北の大河川は行った事がないのですが、雄大な流れの中に立つと、自分の存在がとても小さく思えそうですね。私も一度は行ってみたくなりました。
Commented by akiranspey at 2006-06-23 21:44
YUNさん、こんばんは!そうなんです。とても人間ではかなわない流れにときめきを感じるのです。いつまでも人間に支配されない流れであってほしいものです。

<< 北海道釣行 第二章 オホーツク... 旅立ち!! >>