2007年 10月 28日 ( 1 )

Salmon Fishing

b0072541_23282668.jpg


秋の寂しさ、そして冬へと・・・

Salmon Fishing


今から約30年ほど前、北海道の千歳市に住んでいたころ、インディアン水車と呼ばれる遡上したサーモンを生け捕る水車があった。
その水車は子供ながらにとても大きくて、とても重厚に感じたのを覚えている。
水に濡れたその水車の質感は、チョコレートのような光沢と、茶色とも黒色とも表現しがたい絶妙な色合いを見せていて、青い空と透き通った水の色と重なったときには、見事なコントラストを作り出していた。

そのころの僕は、水車を遡上するサーモンを見るのがちょっとした楽しみになっていたんだ・・・。

最近ではその水車も改良されて僕の記憶にあるような水車はすでになく、その場所も観光地のような施設に変わってしまったと人は言う。
川の流れも人の手が加えられ、昔の面影はないとのこと・・・。


昔はよくこの川で釣りをしたものだ。
学校が終わると急いで準備を整え、全速力で自転車をこいで川へ向かった。
すると、たくさんのウグイたちが僕に楽しい時間をもたらしてくれたんだ・・・。
秋にはたくさんのサーモンが遡上し、その生命を全うした魚達が岸際でやすらかな眠りにつく。
そんな光景が毎年繰り返されていた。
もちろんサーモンを釣りたいなんて想いはこれっぽっちも持ち合わせていなかった少年時代・・・。
僕の釣りのルーツはこのあたりにあるのだろう。


b0072541_2154599.jpg

あれから30数年の時が流れて・・・


今では本州でもサーモンフィッシングを楽しめる河川がいくつか存在する。
その中のひとつ、山形県月光川での友人たちとの再会・・・
それぞれのスペイスタイルで素晴らしいキャストが展開される。
サーモンに出会えた人、運に見放されてサーモンに会えなかった人、それぞれ想いは
あるだろうが、楽しかったことには違いない。

もちろん、僕は後者のほうですが・・・。
[PR]

by akiranspey | 2007-10-28 21:55 | ウエット&スペイ | Comments(8)