カテゴリ:サクラマス( 18 )

Beautiful Cherry!!

b0072541_2174619.jpg

薄暗いうちに身支度を整え、東の空が明るくなり始めたころにウエーディングを開始した。
先週よりも少し水位の落ちた本流はうっすらと濁りが入っているように見えた。
暗い時間に威力を発揮するブラックフェアリーパターンのチューブフライを選択してキャストを始める。
b0072541_21405627.jpg

鱒の気配は感じられないが、朝のプライムタイムを信じてキャストを重ねていく。
鱒の付き場はその日によって変わるから、一投一投が気の抜けないキャスティング・・・
この日はまだ5時に届く少し前に異変が感じられた。
b0072541_21423463.jpg

ダウンクロスでキャストしたラインを一度だけメンディングしナチュラルドリフトを意識してフライを送り込んでいた。スイングが始まってすぐにロッドに重量感が伝わり、3度のググッという生命観がロッドを通して手元に伝わってきた。
岸際にロッドを寝かせて鱒にプレッシャーをかけていく。
案外素直に寄ってきた鱒は突然物凄いパワーで下流に疾走を始めた。
リールの小気味よい逆転音があたりに響き渡り、鱒との攻防が始まる。
結構いいサイズと思われるパワーの鱒が水面下で抵抗を始める。
一度水面に顔を出した鱒が暴れまわると、もしかして取れないかもとヒヤヒヤしたがちょっとだけ慎重にやりとりをして、差し出したネットに美しい遡上魚をランディングすることができた。
60を少しだけ越えた鱒はグラマラスボディーでプラチナシルバーが印象的な鱒だった。
b0072541_21432114.jpg

この日は同行した友人も鱒を手中に収め、お互いに素敵な日を過ごすことができた5月の日曜日。
b0072541_21441672.jpg

b0072541_21414894.jpg


Rod:R.B.Meiser MKS13.6f 6#7
Reel:T-MADE Narrow 3.7
Line:Atlantic Salmon 6#7 S2-3
Fly:Black Fearly Paturn
[PR]

by akiranspey | 2016-05-17 21:46 | サクラマス | Comments(0)

雪代の影響

b0072541_21191546.jpg

薄い雲に覆われた東の空から太陽が姿を現したのが朝の4時を少し回ったころだった。
川がその姿を現すころ、雪代の影響で川幅いっぱいに水は流れ岸際に立ちこむのをためらわせるほどの強い流れが目に映った。
鱒が着くであろう場所にフライを送り込むのも難しく、集中力はそれほど長い時間は続かなかった。
釣りを始める前に車が土手脇にはまり、JAFのお世話になったのも気持ちが途切れた要因かも・・・
b0072541_21195664.jpg


その後、虹鱒河川に立ち寄ったけれど、川は雪代で増水し、落ち着くまでにはまだ少し時間がかかりそうだった。
一応、タイプ3とタイプ6のティップで探ってみたけれど反応は皆無・・・
b0072541_21204722.jpg


遠くの山々はまだ多くの雪が残されていて、朝の風は冷たかった。
b0072541_2121468.jpg


先日の北海道釣行の前に届いたR.B.Meiser MKS12.6f 6/7
b0072541_21212631.jpg

MKSはDeep Loadingと表現されているように、Highlander-Sよりも一呼吸置いてキャストすれば
力を入れなくてもスカジットラインが気持ちよく飛んでいく・・・♪
b0072541_21213943.jpg


どちらが使いやすいのかはラインセッティングによると思うけど、スカジットラインを使用するときはMKSでアンダーハンドやシューティングスペイでシューティングヘッドを使用するときは
Highlander-sというのが私の感想・・・・

どちらもよいロッドですね~♪

近隣河川は例年より2~3週間季節が遅れているようで、本格的な初夏の鱒釣りはもう少しだけ先になりそう・・・

もうちょっとだけのんびりしようかな。。。
[PR]

by akiranspey | 2012-04-29 21:40 | サクラマス | Comments(4)

山形櫻

山形櫻鱒

晴れの予報だった天気も朝から雨模様・・・
それも霧雨、小雨、大粒の雨が不規則に繰り返されていく。
b0072541_19582688.gif


川は代掻きで濁りが入り足元は見えない。
いつもならあきらめてしまう水の色だけれど、何となく雨が幸運をもたらすような気がして、東の空が薄明るくなるのと同時に釣りを開始する。
所々に大岩が点在する流れ・・・川の流れの変化のあるところにフライを送り込む。
時折、アクションを加えながら鱒の反応をうかがっていった。

低く立ち込めた雲が空を覆い、薄く霧がかかっているけれど風は穏やかだったので気持ちよくラインが飛んでいく。
濁りのせいか見える範囲での釣り人は下流に一人だけだった。

外国を思わせる景色が好きで毎年ここを訪れている。
いつも釣れなくてもこの空間に身を置いているだけで、気分が満たされていった。


時計は午前5時30分を少しまわったころドラマが・・・

突如櫻鱒が水面を割った!!
b0072541_1903210.jpg

ロッドがバットから綺麗な弧を描き、鱒との攻防が始まる。
銀色に輝く魚体が現れると、一気に緊張が走った・・・。
あと少しでネットインするところで、鱒は再び下流へ疾走する。
そんなやりとりの末に抵抗することをあきらめた鱒が無事ネットに収まった・・・

優雅さと気品を兼ね備えた美しき遡上魚。
b0072541_1844019.jpg


やっぱり櫻鱒は美しかった・・・

おめでとう・・・下流の釣り人さん。。。


そして僕には何も起きなかった・・・(泣)
[PR]

by akiranspey | 2011-05-21 19:59 | サクラマス | Comments(10)

春の最上川

朝方の冷え込みも幾分緩んだ2月の水曜日。
先日流してみたランが気になり、ふたたび春の最上川へと足を運んだ。
b0072541_1758498.jpg

綺麗な薄水色の青空には雲ひとつなく、飛行機雲だけが空にくっきり残っていた。
この季節にしては珍しく風も穏やかで、右岸に立ってキャストしたラインが軽い追風に運ばれて、気持ちよく宙を舞っていった。
b0072541_17595640.jpg


やや濁りの入った本流は音もなくゆっくりと流れている。
普段、暦通りの休みしかとれない僕にとってはなんとも穏やかな釣り日和だった。
もしかすると遡上してきているかもしれない櫻鱒を探す。
川底には所々に流木があり、時折フライが木々をかすめたときに手元に伝わる衝撃に緊張する場面も何度かあった。
広大な本流に変化を見つけ出すことは難しいけれど、いつかやってくるだろう出逢いに期待して何千、何万回とキャスティングを続けていきたい・・・
b0072541_1801917.jpg

2月23日午前10時40分頃 月山の風景(山形県)
[PR]

by akiranspey | 2011-02-23 18:02 | サクラマス | Comments(10)

サクラの棲む流れ

今日の本流は冬に逆戻り・・・天候は雪です。。。
山形県の櫻鱒河川に行ってきました。
b0072541_23533929.jpg

変化に富んだよい流れです。
岩盤の間に鱒が潜んでいるのかな・・・
b0072541_2355387.jpg

所々に鱒が定位していそうなスポットがあります。
5月以降に期待です・・・。

上の流れで使用したシステムは・・・
Rod:Meiser Highlander S 14f #7
Reel:Marquis Salmon 1
Line:GUIDE LINE Inter8/9CUSTOM 15fTip type3or6
b0072541_052854.jpg


もうひとつは・・・
Rod:Meiser Highlander S 13f #6
Reel:HARDY Golden Prince9/10
Line:3Mスカジットインター#6 350gr 15f type6
b0072541_011193.jpg


b0072541_2356470.jpg

対岸が深くなっており、遡上鱒が一休みするスポットがあるようです。
b0072541_23561750.jpg

僕の好きな流れです・・・。
上の流れで使用したシステムは・・・
Rod:TSR DSP16f #12
Reel:ORVIS CFOⅥ
Line:GUIDE LINE Inter10/11 15fTip type6

今日は釣り人を一人も見かけませんでした・・・
釣れない雰囲気でも、もしかしたら・・・なんて期待があったのですが。。。

また次週、行ってみたいと思います。
[PR]

by akiranspey | 2010-04-17 23:54 | サクラマス | Comments(8)

赤川探索

日曜日・・・
今日は山形県を流れる赤川の中流域を探索してきました。
b0072541_2265275.jpg

とある橋の下流・・・
流れがぐっと狭まり大きな岩が点在している。
もう少し水量が少なくなれば釣り下っていけそう・・・


b0072541_227853.jpg

上流の瀬が終わると広大な流れが広がる。
対岸に流心を置く魅惑的な流れ・・・
14fのロッドでフルキャストしても対岸へは届かない。


b0072541_2272258.jpg

この流れが一番のお気に入りです。
いつかこの流れで鱒と出逢えたら・・・


b0072541_2273620.jpg

鱒のつきそうな流れがいたるところにあり、この川にかよってみようと思います・・・。
[PR]

by akiranspey | 2009-05-18 22:49 | サクラマス | Comments(8)

鮭川のサクラ釣り

サクラとの出逢いを求めて・・・
b0072541_235116.jpg

まだ暗いうちに川へと到着した僕は少し仮眠をとろうとして布団に入ってみた。
あたりにはほとんど明かりがないかわりに、夜空には無数の星が輝く。
静かに車のなかで星空を眺めていると、川のせせらぎの音と合わせて何かの気配・・・
ヘッドライトを付けてみると、夜の散歩中の狸が2匹・・・ちょっとおどろかせてしまったらしい。
鳥のさえずりが遠くから聞こえ始め、東の空が薄青色に色づき始めてきたころに、闇に包まれていた川の流れが目の前に広がってくる・・・

鮭川のサクラ釣り

最上川の支流であるこの川からは、遠くにまだ真っ白な雪に覆われている鳥海山や月山を望むことができる。
b0072541_238155.jpg

ウエーダーを通して伝わってくる水はまだかなり冷たいものだったけれど、土手沿いに生い茂るすっかり春らしい新緑に満ちた木々と雪山とのコントラストが気持ちを穏やかなものにする。
ブラックフェアリーのスペイフライパターンを結び、目の前に広がるプールをゆっくりと釣り下っていく。幻想的な空間が広がっている・・・
b0072541_2310761.jpg


早い流れではティップをタイプ6に変えて、小さなウォディントンを流れの底のほうに送り込む。
b0072541_23113665.jpg



所々に大きな沈石が点在する。石の周りを丹念に流しフライにアクションをくわえてみる。
b0072541_23132462.jpg



岩盤は有力なポイント。際を丁寧に探ってみた・・・
b0072541_2315381.jpg



気温があがってくるとウエットフライに結びかえ、変化のある流れにおくりこんでみた。
b0072541_23163639.jpg



今日も平和な時間が流れていました・・・
b0072541_2318876.jpg


Today tackle
Rod:R.B.Meiser Highlander hybrid 14f #7
Reel:System two 10/11
Line:GUIDE LINE 8/9 interbody tip type3 or type6
[PR]

by akiranspey | 2009-05-06 23:18 | サクラマス | Comments(10)

Rod Impression

櫻鱒で有名な山形県のとある河川にて・・・
b0072541_22333722.jpg


上の写真の魚(櫻鱒)を探しにやってきましたが、予想通りの増水と濁り・・・
釣れたわけではありませんのでご安心を・・・(笑)

そこで今日はニューロッドのインプレッションです。
b0072541_22351774.jpg

Rod :R.B.Meiser Highlander hybrid 14f
Line:7番
Grain Window:450-700gr

・ラインを乗せた感想ですが、比較的素直なアクションで下手をあまり使わなくても、手元までグイッと曲がる感じ。
・ライン番手の7番というのは適切な番手であり、強すぎることはありません。
・40クラスの魚でも綺麗なベンディングカーブを描きそうなロッドです。
・グレインウインドウが広いのですが、今回3Mのスカジットデラックスの600grをのせてみましたが、重すぎました。500-550grでベストかと思われます。
 (私的には520grくらいかなと思います)
・ラインはスカジットからミッドベリーまで問題なくこなすロッドです。(ロングベリーもいけると思いますが14fのロッド長でロングベリーは僕には厳しそうです。)
・15fタイプ8のティップやウォディントンフライも試しましたがキャストに問題はありません。
b0072541_22382221.jpg

僕的にはシンクレートの軽めのラインでウエットの釣りで使用したい印象です。
大型セッジの時期に本流で活躍させたいですね!!


b0072541_22392077.jpg

十勝の上流域にここと似ている流れがあったような・・・


b0072541_2241196.jpg

水が落ち着いたころにまた来てみようと思います。


 
[PR]

by akiranspey | 2009-04-26 22:41 | サクラマス | Comments(14)

Someday!!

深々と降り積もった雪で川沿いの土手は真っ白に覆われていた・・・

相変わらず雪が降り続く。
強い風が雪を舞い上げ、僕の行く手をさえぎる。
そうかと思えば、まぶしいくらいの青空が顔をのぞかせる。

気ままな土曜日・・・。

いつもの本流はキラキラと眩しく、優雅かつ大胆に流れている。
このところの大雪で川に近づける場所はほとんどなく、スノーシューでも履かなければ
川に近づくことは難しいようだ。

橋の上から流れを見た。

流れの変化をさがし、鱒が居着くであろう場所を探す。
本流ではこれがとても難しいこと・・・

でも減水しているこの時期ならある程度の流れの変化は見つけられるはず・・・

いまのうちにこの流れの変化を探しだし、春になって雪代で増水した水が変化した
時のタイミングで・・・

春には会えるかな・・・

b0072541_23193630.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-01-28 23:20 | サクラマス | Comments(8)

雪時々あられ、そして強風・・・

b0072541_21591958.jpg

2008年1月1日

日本海側は大荒れで雪そして強風の予報。
それでも僕は、日本海へ注ぐサクラが遡上する河川へ車を走らせた。
めまぐるしく変化する天候は雪、あられ、強風・・・
どれもこれからの釣りにおいてやっかいなものばかりだった。

10時14分現地到着。

この悪天候のなか、僕のほかにも2,3名のルアーマンがいた。
海を見ると物凄い高波、下流からの強風で川の流れは上流へと逆流している。

そんな状況の中、僕の気力は続くはずもなかった。

数えるほどしかキャストはしていないが、ウエーダーを履きスペイロッドを片手に土手を下る。
今日はそれだけでよかった。
ただ川でキャストできただけで気持ちよく新年が迎えられたような気がした。

正午を回り、本命とする大河川の下見に出かけてみた。
今年はまだ雪が少なく、川沿いの土手を車で走ることができる。
ゆっくりと、気になるポイントをすべてチェックしながら、2月から本格的に始まる
サクラシーズンに備えて・・・。
気になる流れをいくつか見つける。
今年はひとつひとつその流れにフライを流してみようと思う。

b0072541_220299.jpg


皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします!!
[PR]

by akiranspey | 2008-01-01 22:00 | サクラマス | Comments(10)