<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

杉坂ウエットスクール&宮城県荒雄川(C&R)

b0072541_23461439.jpg


今年も宮城県荒雄川にてTSR杉坂氏のウエットスクールが行われた。

今年は杉坂氏の友人が、静岡、群馬、東京から同行し、スクール参加者とともに
釣りを楽しまれた。

参加者全員がイワナ、ヤマメ、レインボー,サクラ等の魚をキャッチし、みなさん良い釣りができたようだ。

28日はあいにく雨風とも強く、釣りをするには厳しいコンディションだったが、みな早朝から
川に入り、有終の美を飾るべく鼻水をたらしながら(笑)がんばっていた。

私は仕事の都合で参加できなかったが、次回の荒雄川釣行の際は是非ご一緒させて
いただけたらと思う。

皆様、釣り場の状況に関してはいつでも連絡いただければお伝えいたします!

それにしても杉坂さん、最後のブラウンバックの大型魚、残念だったですねぇ・・・(笑)

使用タックル:ロッド スコットSES 9f 5番
        リール ハーディ ソブリン5/6/7
        ライン WF6番 
        リーダーティペット 9f 3X
        フライ ウエット各種
[PR]

by akiranspey | 2006-05-28 22:32 | ウエット&スペイ | Comments(2)

Better Days・・・

b0072541_22414460.jpg


ここから先に僕らははいってもいいかな?
そう森にたずねながら、やさしく車を走らせる。

緑の木々の隙間からは、春の日差しがこぼれる。

車の窓をあけると、森に息づく生命の距離を身近に感じる。

森の緑と川の青さ、大切にしなければならないその両方に少しだけ身をおかせていただく。

純真にライズを繰り返すその流れに・・・

できそこないのドライフライに何のためらいもなくでてくるイワナ達に心の底から感謝する。

使用タックル:ロッド レビューRS-S 8.2f 3番
        リール ハーディーソブリン3/4/5
        ライン WF4番
        リーダーティペット 7X12f
        フライ CDCダン
b0072541_23292035.jpg

この日は千葉からH氏、地元からT氏、G氏との釣行。
宮城県のとある支流にて。
普段はあまり立ち入らない流れであったが、この日は魚の反応がすこぶるよく、
ドライ、ニンフ、ストリーマー等フライを問わず魚が出てきてくれた。
H氏、遠いところご苦労様でした(笑)

b0072541_2337308.jpg

[PR]

by akiranspey | 2006-05-21 22:43 | イワナ | Comments(0)

雪代の落ち着くころには・・・

b0072541_185457100.jpg


ヤマメの棲む川がある。
対岸は崖になっており、人をよせつけない。
川底には大きな石がゴロゴロしており魚がつくにはよい流れである。
シーズンのイブニングには様々な水生昆虫がハッチし水面があわただしくなる。
仕事場から5分で着くこの川・・・
今年は苦手なドライを克服するため、この川に遊んでもらおう。
雪代の落ち着くころにはドライフライのタイイングの腕も磨かれていれば
よいのだが・・・(泣)
b0072541_19581511.jpg

[PR]

by akiranspey | 2006-05-18 18:55 | ヤマメ | Comments(2)

荒雄川C&R区間

b0072541_220295.jpg

5月13日、宮城県にある荒雄川C&R区間にて。
最近は関東方面からも来られる方も多いので、この河川をご存知の方も多いのでは・・・。

この日は色々なウエットフライ&スペイフライの魚のチェイスの仕方についてテストしてみた。

第一に・・・
 ダウンクロスにキャストしメンディングでフライをナチュラルに送り込む。
 フライが底についたと同時にロッドの送り込みをストップさせ、フライを浮上させる。
 ラインにテンションがかかっているため、斜め下流にフライが浮き上がる。
 この場合ではフライが浮上してすぐにヒット!

第二に・・・
 ダウンクロスにキャストしフライを数秒送り込んだ後、ロッドの送り込みをストップ。
 あまりフライを沈めずにすぐにフライをスイングさせる。フライは川を横切ると
 横切り始めた瞬間にヒット!

第三に・・・
 川岸付近を攻めるためにダウンクロスでキャスト後、フライを送り込んだ後ラインテンション
 が掛かり、最終的に下流にラインが一直線になった瞬間にヒット!
 しかし、ラインが流れ切っていたためフッキングが甘く、数秒ファイトの後バラシ。
 これが2回あった。

フライについては、ソフトハックル、ダンケルド、シルバーマーチブラウン系には反応なし。
反応のよかったフライはカネマラブラック、レディキャロライン、等。
面白いものでは全長6~9センチほどのスペイフライ各種についても反応がよかった。
ベース色は黒が抜群に反応がよく、ワンポイントに赤、オレンジ等のアクセントを
つけたものなど・・・。
b0072541_22374947.jpg

全体的にはスイングし始めたヒットが最も多く、ナチュラルに流下してくるものに対する
反応は鈍かった。また川の流心での反応がよく、流心際での反応はフライを見切られてる
のか思いのほか出はよくなかった。

時と場合によって魚の反応の仕方が違うのは興味深いところ・・・。
ヒットに導くフライと流し方をいかに短時間でかつ効率的に行うかが、釣果を左右することは
誰もが経験し、誰もが悩むとこだろう・・・
それがウエット&スペイの醍醐味のひとつではなかろうか・・・。
[PR]

by akiranspey | 2006-05-14 22:10 | 虹鱒 | Comments(2)

ジャスト40!


b0072541_20353869.jpg
ふと思い出したかのようにこの川を訪れた。
いままで何度かこの川に足を運んではいるが、アタリすら感じたことはない。
釣れないからなのか、釣り人は皆無である。
上流50メートルほどに堰堤があり、そのヒラキから釣りを始める。
サクラもたまにあがるといわれているのでお気に入りのタックルでスペイキャストを
始める。

使用タックル:ロッド ブルース&ウォーカー15f9-10番
        リール ハーディーソブリン11/12
        ライン ミッドスペイ 9/10 ティップインターミディエイト

私には珍しく、丁寧すぎるほど丁寧にラインをキャストする。
ダウンクロス45度にキャスト後メンディング、流れ切ったところでリトリーブ。
7,8回リトリーブしたところで30センチほどリールからラインを出し、次のキャスト。
眼下に広がる流れをくまなく探るため、そのキャストを繰り返す。

何投かした後、流れ切ったフライをリトリーブした直後、ひったくるようなアタリが
あった。
戻りヤマメ、ジャスト40センチ。
グレートセッジ#4をがっちりくわえた奴が私のファインダーに収まった・・・。


んー・・・戻りヤマメとサクラの違いがいまだにわからない・・・。
やっぱり大きさなのかな???
[PR]

by akiranspey | 2006-05-12 20:01 | ヤマメ | Comments(0)

ドライ初心者


b0072541_222912.jpg
宮城県のとある渓流。よく行く本流に流れ込む支流である。
林道脇に車を止め、支流を登る。今日は友人2人との釣行。
小雨が降る中、いつものポイントへ向かう。
ゆるやかな流れにはガガンボへのライズ・・・
イワナの活性が高まってきているようだ。
久しぶりの3番ロッドに少しもどかしさを感じる自分がいた。
ドライが苦手な私は当然ドライフライを持っているわけもなく、友人からいただいた
フライを結んでキャストを繰り返したが・・・

友人G氏がイワナ5匹、T氏が4匹、サイズは24~29センチ。

わたしは案の定ボウズでした・・・(泣)

b0072541_22193121.jpg

帰り際、本流でニジマスを・・・(笑)
[PR]

by akiranspey | 2006-05-08 21:55 | イワナ | Comments(7)

SPEY & WET FLY BOX

b0072541_2214412.jpg

お気に入りのフライBOXのひとつ。
日々、スペイ&ウエットフライをタイイングするように心掛けているが、気がつくと
ブラック系とオレンジ系に偏ってしまう。
結局はよく釣れるフライということか・・・
私の今年のテーマに、美しい魚にはその魚にふさわしいフライで・・・というテーマがある。
量産できるフライの中には実績も高く、ロストしても残念に思わないフライが数多く存在
するが、映像に残すことを考えるとやはり、魚に対して敬意を表することのできるフライを
魚とともに写してあげたい。

でも、やっぱり量産フライは巻いておこうっ・・・
                                                  
b0072541_22571111.jpg


今日の鮭川(山形県)
[PR]

by akiranspey | 2006-05-05 22:05 | サクラマス | Comments(0)

ニジマスの呼び方。

b0072541_22491081.jpg

いままで、いろんな場所でいろんな人に出会ってニジマスの話をしたが、ニジマスのことを「ニジ」とか「レインボー」とかフルネームで「ニジマス」とか言ったり、みな様々である。
私自身はずっとレインボーと言って今まで過ごしてきたが、まわりの友人達はみなニジと呼ぶ。
個人的にはレインボーと言ったほうが敬意を表している気がする。
ヒットしてからのファイトで言ったらダントツナンバー1の魚だと思うし・・・
日本で統計をとったらどの呼び名が一番多いんでしょうね?

使用タックル  ロッド:コータック13f 6番
          リール:オービスバテンキル7#8
          ライン:ウインドカッター5#6シンキングリーダー
          フライ:ブラックレインジャー改(ウォディントン)

余談ですがコータックのこのロッド、超安価ですがとても使いやすいスペイロッドで
ウインドカッター5#6がばっちり合います!是非おすすめです!!
[PR]

by akiranspey | 2006-05-03 22:55 | 虹鱒 | Comments(4)