<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

S.P.ロッド

b0072541_22365484.jpg
ずっと考えていた・・・。

複雑な流れを回避し、広い本流を攻略できるロッド・・・
シングルハンドでキャスティングでき、かつ繊細なアタリをキャッチし魚との
やりとりを楽しむことのできるロッドがあればと・・・。

ダブルハンドであれば選択肢は広い。しかし今回はシングルハンドにこだわってみたかった。

6ー7番では日頃オーバーパワーであると感じ5番のウエットロッドをずっと探していた。
スペイでもある程度、距離がほしかったので10フィート半から11フィート程度の長さはほしい。

しかし、探してみるとなかなか見つからない。

長尺で5番ロッド・・・
個人的には使い手は多いと思うのだが、やはり市販のロッドでは見当たらなかった。

そんな想いのなか誕生したのがこのロッド。

REVIEW 11フィート5番のウエットスペシャルロッド!!

オーバヘッド、スペイとも試しましたが操作性・キャスティング能力・感度とも抜群。
b0072541_22493640.jpg


無理言ってお作りいただきましてREVIEW様に感謝です!!
[PR]

by akiranspey | 2006-08-28 22:37 | ウエット&スペイ | Comments(2)

想い出の地

b0072541_0343799.jpg
水の色が鏡のように空の蒼を映し出してる。

風に揺れた波がまるで雲のように・・・

透き通った水の中に広がる光と影はそこに息づく命を包み込む。
やさしく、そしてしっかりと・・・

僕らが踏み込めるのはほんの一瞬だから、そこに生きるものたちも
安心できるのかな・・・

b0072541_14362197.jpg

[PR]

by akiranspey | 2006-08-20 00:33 | 北海道 | Comments(0)

My Favorite!!

b0072541_22175084.jpg


魚のスイッチが入る一瞬の間にフライをどう流すか、いつも考えさせられる・・・。
まして修羅場をくぐりぬけてきた大型魚はなかなかセオリー通りの攻めではヒットしない。

川の複雑な流れを攻略するためのキャスティング技術、フライを魚に気づかせ、魅力的な
ものとして泳がせるテクニック、つくづく難しいものだと感じる。

b0072541_2240794.jpg


道具にもこだわりを持ちたいと思っている。
最も好きなリールであるハーディーソブリン・・・。

魅惑的なシャンパンゴールドの輝きに心奪われ、魚に対し敬意を表することのできるリール・・・
このリールと魚をともに被写体におさめることが僕の幸せである。

明日はそんな魚に出会えるかな・・・
b0072541_2247213.jpg

[PR]

by akiranspey | 2006-08-13 22:36 | ウエット&スペイ | Comments(4)

待ちわびた時間


b0072541_2351119.jpg

濃蒼色に空が色づきはじめる。
そしていつしか星空と川が同化する。

彼女たちがステージにあがる時間である。

体を休めていた彼女たちを僕はずっと待っていた。
華やかな陽のひかりとは無縁の、でも彼女たちにとっては最高の舞台の幕開けだ。

イブニングタイム・・・。
b0072541_03233.jpg

僕は彼女たちの華麗な舞いを邪魔しないようにキャストしやすい場所を決め、そこから決して
動かない。
釣り下る水の音で彼女たちの大切な時間を邪魔しないためだ。

手前から丁寧にダウンクロスにキャストする。
まずは5メートル先から・・・
そしてワンキャストしたあとにラインを30センチ程度引き出し、次のキャストに移る。
そしてまたラインを出していく。
こうすることで自分のポジションから30ヤード先までくまなく探る。

はじめまして・・・
b0072541_013505.jpg


使用タックル:ロッド スコットSES 9フィート5番
         リール ハーディーソブリン5/6/7
         ライン WF6番
         リーダー 12f
         ティペット3xフロロ
         フライ グレートセッジ8番
[PR]

by akiranspey | 2006-08-03 23:55 | ヤマメ | Comments(2)