<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Dreams dreams!!

b0072541_2333169.jpg

                   photograph by Mr. ABU


トラウトの動きが次第にあわただしくなる夏の始まり・・・

車がまばらに行き交う地図の上に存在する道から地図上では存在しない道へと車を走らせる。
緑の木々で覆われた、そして木漏れ日が木の葉の間から溢れる名もなき道・・・
木々の息吹が良い香りを醸し出し、鳥の囀りが心地良いリズムを刻む・・・

本流から次第に遠ざかるその道はどこまで続いているのだろうか・・・
窓を空けると本流の水音がさわやかな風に運ばれて僕の耳に届く。

車から本流はまだそんなに遠くない・・・

道路脇に見つけた駐車スペースに車を止め、水音のするほうへ歩き出す。
背丈ほどに生い茂った藪を掻き分け、額にうっすら汗を滲ませながらトラウトの棲む流れへと突き進んでいく。

帰り道がわからなくならないように木々の枝にしるしを残す。帰り道を見失う経験を僕は何度もしているから・・・

そして、とうとう僕の目の前に目指していた本流が姿を現した。

左岸にたどり着いた僕・・・
川に立ち込むと、まだ夏の訪れに気づいていない川は、その冷たさを足もとに伝える。
膝まで立ち込むだけで、その強い流れは僕の体を押し流そうとする。

強くそして重い流れ、ときには荒々しく白泡をはじき出している瀬が交互に繰り返される。
水面の変化はところどころに大岩が点在していることを僕に知らせる。
昨年はなかったであろう大木が本流の強さには勝ち目がないことを連想させるように横たわっている。

やや右岸に流心を持つその流れ・・・
対岸付近は水の色をエメラルドのごとき輝きに変えて、明らかに深く、そして僕らには手の届かないトラウトの遡上ルートであることをうかがわせる。対岸は人の侵入を阻む。

その距離約65ヤード・・・

僕のキャスティングの腕ではその魅惑的なエメラルドの流れにフライを送りこむことはできない。その流れにフライを送り届けることのできるスペイキャスターがいるかどうか・・・

それでも僕はその流れに精一杯のキャスティングで勝負に挑みたいんだ。
素晴らしいトラウトに出会えなくてもそれはそれでよい・・・

本流でロッドを振り続けていたい、ただそれだけ・・・


いつの日かそんな夢を見たんだ・・・。
[PR]

by akiranspey | 2007-07-22 22:45 | 北海道 | Comments(2)

スペイウォーカー!!

5月、6月に続いての北の大地そして本流・・・

今回はどんな表情を見せてくれるのか・・・。


本流に集う5人衆。
b0072541_21262248.jpg



7月14日 AM4:38
小雨から曇り空へ変わりつつある本流へ到着。
初夏の風は幾分冷たく頬につきささる。本州では猛威をふるっている台風も北の大地では
そんな様子は全くうかがえない。
お気に入りの本流にはすでに友人の車が到着していた。
畑の脇の畦道を楽しく遊んでいる蛙たちに気をつけながら本流へと歩く。

向かうは第一セクション。

1ヵ月前よりも渇水している本流・・・厳しい状況が予想された。
左岸からのシングルスペイ。
ウインストンボロンⅡX14フィートにハーディーソブリン、ウインドカッター8/9/10にタイプ6ティップを選択した。

丁寧に釣り下るも反応はない。しばらくして遠くに友人たちの姿が見えた。

1ヵ月ぶりの再会、たった1ヵ月ぶりなのにやけにうれしかった。

2人の友人の実践で鍛えたスペイキャスト、矢のようなループが初夏の空に突き刺さる。
そして凄腕ルアーマンの友人・・・
すべて計算されつくした彼の、キャストからリーリングまでの一連の流れに僕は目を奪われる。

そして旭川から初対面の友人が到着、今回の旅の5人衆が揃った。

午後になると幾分状況が好転する。
場所を下流へ移動し右岸からのダブルスペイキャストで釣り下る。

流心の向こう側へキャストし流心の底へフライを送り込む。
メンディングを何度も何度も・・・
流心の底をフライが横切り、流心脇へフライがさしかかったころにロッドが軽く引き込まれた。
b0072541_22291829.jpg


30センチをやや上回るアメマス・・・
決して大きくはないが、この旅で最初に出会えた魚・・・とても美しい斑点を身にまとっていた。

それにしても旭川の友人のスペイキャスト・・・
初めて間もないというのに素晴らしいキャスティングをしていた。
この次会う頃にはきっとエキスパートになっていることだろう。


7月15日AM6:00

みんな寝坊した。予定では4:00起床だったのに・・・・
それもまた何故だか楽しかったんだ・・・

支度をととのえ、気になっていた瀬に向かう。手前から徐々に深くなっていき対岸付近の水の色
が変わっている。カケアガリが対岸手前2,3メートル付近・・・

2人の友人が最初に釣り下る。するとすぐに友人が大型の魚をヒット、慎重なやりとりはさすがで海からの使者を優しくリリースする。

僕もみんなのあとをダブルスペイで釣り下る。
対岸にダウンクロスでキャスト、フライが着水する前にリーチをかけフライを下流にナチュラルに流す。
1度メンディングをした後にロッドが下流に引き込まれる。
瀬のなかでのヒット、魚はグングンとロッドを絞り込んでいく・・・
いいサイズだ、久しぶりの心地よい引きを堪能する。
b0072541_2304464.jpg

b0072541_238986.jpg

50オーバーの上りアメマス、何かを飽食した魚体はパワフルで素晴らしいヒレを持ち合せていた。

ニジマスには出会えなかったがこの2日間、みんなと楽しい時間を過ごすことができたこと・・・
僕にとって素晴らしくそして優しい時間が流れた。

そして崖から滑落し尾骶骨を痛打した苦痛・・・

色んな思い出がこの旅に凝縮されている・・・。

そして帰り際に友人からかかってきた一本の電話、ニジマス60オーバー・・・
早く治してリベンジしますよっ!!

P.S.痛すぎて病院行ったら骨折してました(泣)
    家族はこれでしばらく釣りにはでかけられないねっ、なんて喜んでますけど・・・。
[PR]

by akiranspey | 2007-07-17 21:41 | アメマス | Comments(10)

to the dream streams

明日の夜、北の大地へと旅立つ・・・

今日の雨がどういう結果をもたらすのか・・

本流スペイ!

魚の待つ流れへいざ出陣です・・・。

b0072541_071554.jpg

[PR]

by akiranspey | 2007-07-12 23:54 | 北海道 | Comments(1)