<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Someday!!

深々と降り積もった雪で川沿いの土手は真っ白に覆われていた・・・

相変わらず雪が降り続く。
強い風が雪を舞い上げ、僕の行く手をさえぎる。
そうかと思えば、まぶしいくらいの青空が顔をのぞかせる。

気ままな土曜日・・・。

いつもの本流はキラキラと眩しく、優雅かつ大胆に流れている。
このところの大雪で川に近づける場所はほとんどなく、スノーシューでも履かなければ
川に近づくことは難しいようだ。

橋の上から流れを見た。

流れの変化をさがし、鱒が居着くであろう場所を探す。
本流ではこれがとても難しいこと・・・

でも減水しているこの時期ならある程度の流れの変化は見つけられるはず・・・

いまのうちにこの流れの変化を探しだし、春になって雪代で増水した水が変化した
時のタイミングで・・・

春には会えるかな・・・

b0072541_23193630.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-01-28 23:20 | サクラマス | Comments(8)

SOUND OF SNOW

b0072541_23365716.jpg


耳を澄まし目を閉じると風の音が聞こえる。

言葉では表すことのできない音が耳元を通りすぎる。

風の吹くほうに顔を向ける。

すると冷たい粉雪があっという間に僕の顔を覆う。

川は生命の息吹をどこかに閉ざし隠してしまったかのように、淡々と流れている。

冷たさだけが僕の足に伝わってくる。

春はまだまだ先のようです・・・
b0072541_23322155.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-01-20 23:32 | ウエット&スペイ | Comments(6)

SNOW WIND

1月13日
この日、氷点下の気温は0℃を超えることはなかった・・・
b0072541_22475469.jpg



冷たい雪が僕の顔に容赦なく襲い掛かる。
目も開けていられないほどの強い風そして雪は僕のキャストを困難にさせる。
でも、もしかしたら、すぐそこまで来ているかもしれない・・・
キャストの数だけ会える確率は増えるはず・・・
そんな思いが弱気になっている僕を奮い立たせてくれた。
b0072541_22483075.jpg

強い風は重い雲を時折り押しのけ、こんなに青かったのかと思わせるような空をのぞかせる。
ほんの一瞬の出来事・・・

冬の川は美しい。
冷ややかに澄んだ水はまるでクリスタルのように透き通っていた。
岸辺の雪はまるでダイヤモンドダストのような輝きを放っていた。


そして、いつもと変わらない日曜日が過ぎていく・・・。
b0072541_2251337.jpg


※TFO DEER CREEK 13.6f 8#9の私的感想
 (あくまでも私的感想ですので参考まで・・・)
 このロッドはティップが繊細で、ある程度バットにパワーがあるロッドに感じました。
(クランやロッドオブスコットランドのバットに張りを持たせた感じでしょうか・・・)
現在主流のアメリカンロッドとは少々異なり、トラディショナルなゆったりとしたキャストからスカジット系のキャストまで十分にこなすことができると思います。
ラインセッティングは600grから620grまでが僕には最適と感じられ、ウインドカッターは8/9/10、3Mスカジットは9番がマッチするでしょう。
(ウインドカッターはこの上でも問題なし。ラインの重さでロッドに負荷を掛けるキャスティングスタイル)3Mスカジット8番でもいけるでしょう。
もともとこのロッドの適正ライン重量がブランクに記載されていますので、そちらを参考にしていただければと思います)
早い流れとほぼ止水の場所で試投しましたが、どちらも見事にこなします。
僕のキャスティングスタイルはどちらかというとトラディショナルなスタイルなので、ショートベリー、ミッドベリーを使った横のスイングを多用した繊細な釣りで使用したいイメージですね!!
[PR]

by akiranspey | 2008-01-14 22:51 | ウエット&スペイ | Comments(4)

TFOスペイロッド


b0072541_2252242.jpg

テンプルフォークアウトフィッターズのディアクリークシリーズは、マイク・ケニー氏・ボム・メイザー氏の両スペイキャスターの合計65年のスペイキャスティングの経験から生まれたスペイロッドです。

近代的アクションと伝統的アクションを融合した新しいスペイロッドはスペイキャストとスカジットキャストを操る理想的なループを生み出します。

キャスティング、そして釣るという事において重点がおかれたロッドで、しなやかで曲げやすいアクションは、日本の河川でのサクラマスやアメマス釣りには絶好のパートナーになってくれることでしょう。(以上、各書籍他記事抜粋)

TFOのスペイロッドは以前から気になっていた。
そのアクション、ロッドデザイン、評判などなど・・・

b0072541_226285.jpg


ブランクカラーはワインブラウンともいうべき魅惑的なカラー、ティッピングは綺麗なコパーカラー、ストリッピングは輝かしいゴールドリング、グリップ長は約60cm、軽く振ってみた感じはグリップからしなやかに曲がる感じで、かすかな鱒のアタリも見逃さずにフッキングまで持ち込んでくれそうなロッドである。

僕が購入したのは13.6f 8#9番。
b0072541_2262941.jpg


これからいろんなラインシステムを試してみようと思っている。

サクラの花が咲くころまでにはこのロッドの笑顔がみれればいいのだけど・・・
[PR]

by akiranspey | 2008-01-05 22:07 | ウエット&スペイ | Comments(12)

雪時々あられ、そして強風・・・

b0072541_21591958.jpg

2008年1月1日

日本海側は大荒れで雪そして強風の予報。
それでも僕は、日本海へ注ぐサクラが遡上する河川へ車を走らせた。
めまぐるしく変化する天候は雪、あられ、強風・・・
どれもこれからの釣りにおいてやっかいなものばかりだった。

10時14分現地到着。

この悪天候のなか、僕のほかにも2,3名のルアーマンがいた。
海を見ると物凄い高波、下流からの強風で川の流れは上流へと逆流している。

そんな状況の中、僕の気力は続くはずもなかった。

数えるほどしかキャストはしていないが、ウエーダーを履きスペイロッドを片手に土手を下る。
今日はそれだけでよかった。
ただ川でキャストできただけで気持ちよく新年が迎えられたような気がした。

正午を回り、本命とする大河川の下見に出かけてみた。
今年はまだ雪が少なく、川沿いの土手を車で走ることができる。
ゆっくりと、気になるポイントをすべてチェックしながら、2月から本格的に始まる
サクラシーズンに備えて・・・。
気になる流れをいくつか見つける。
今年はひとつひとつその流れにフライを流してみようと思う。

b0072541_220299.jpg


皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします!!
[PR]

by akiranspey | 2008-01-01 22:00 | サクラマス | Comments(10)