<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この流れの何処かに

b0072541_22393658.jpg



朝の冷え込みもいくぶん和らいだように感じられ、車から出るとただいつものように強い風が吹いていた。
時折り降る雨は頬を突き刺すように激しい。
河原に積もっていた雪はこの雨でいくぶん湿り気を増し、雪上の歩行を困難にさせた。
そんな一日・・・

暗いうちに釣り場に着き、少し仮眠をとった。
車を揺らすほどの風が上流から吹く・・・

2時間ほどすると東の空が薄蒼色に変わり始め、いよいよかと準備を始める。
車の中で暖まりすぎた体が一気に冷えるほどの風を全身に浴びる。

しんどい・・・
さすがに寒さに耐えられなくなった僕はいったん車に引き返した。
10分・・・15分経ち・・・

意を決して準備を再開した。


今日はB&W15fにORVIS CFO Ⅵ、ガイドライン10#11の組み合わせを選択してみた。
場所は本流左岸、とある橋桁付近で流れが変化し川が右にカーブしている。
そのすぐ下流で2本の流れがぶつかり、早い瀬を形成している。
瀬尻からは大きなプールを形成し、鱒がいるとすればここか、という場所がいくつか存在しているようだ。

この流れを丹念に探る。
一定のラインの長さを保ち、一投ごとに一歩ずつ釣り下っていく。

ガイドラインの先端にはタイプ6のティップをつなぐと良い感じで川底を叩いている。
たまにグンッというアタリにドキッとさせられるが、どれも鱒からのコンタクトではないようだ。

広大な本流も水量の少ない時期に川を見ていると、ちょっとした流れの変化があちこちに存在する。


そんな流れを攻めてみたが、相変わらず僕と鱒をつなげることはなかった・・・。

芦ノ湖の特別解禁に行った友人たちは良い思いをしたようだし、僕にもそろそろ
鱒からのコンタクトがあればいいのになあ・・・。
b0072541_22401921.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-02-24 22:45 | ウエット&スペイ | Comments(10)

Small Trip!!

b0072541_21304563.jpg

山女魚と岩魚が混生する流れ・・・!??
尺くらいはありますね。。。?

そう、ここは東京のとある水族館です。
17、18日と家族旅行で東京と横浜に行ってきました!!
b0072541_21311096.jpg

夕日がきれい・・・そしてとなりの富士山も見事です!


b0072541_21312357.jpg

ホテルからの夜景も絶景です。
子供も大喜び!!
b0072541_21313690.jpg

早朝の富士山、これもまた素敵ですね。
山の近くの本栖湖が気になります(笑)


b0072541_21314913.jpg

久しぶりに感じられた都会の空気、いいですね!!
[PR]

by akiranspey | 2008-02-18 21:42 | ウエット&スペイ | Comments(6)

TUBE FLYS

TUBE FLYS
b0072541_23511431.jpg


大河の流れを思い描きながら、久しぶりにTUBE FLYのタイイング・・・

最近、なかなかタイイングテーブルに向き合う時間がなかったが、この連休、釣りは一休みして久しぶりにTUBE FLYを巻いてみた。
ブラック、オレンジ、ゴールドをメインとした最強の組み合わせ、水に濡らした感じもなかなか、シングルフックとのバランスもなんとかいけそうである。

僕が挑む大河にこのTUBE FLYが威力を発揮するかどうかはあまり期待できないけれど、今度の週末はFLY BOXからこのフライを取り出してティペットの先に結んでみようと思う・・・

b0072541_23515251.jpg

Tube:  11/2”
Hook: NORDIC SINGLE SIZE 4
Body: Gold Flat braid
Ribs: Silver oval tinsel
Throat: Polar bear white
Wings: Polar bear white, orange buck tail, Pearl flash, Green heron,
    Eagle marabou black, Peacock herl
Eyes:   Jungle cock
Head:  Black
[PR]

by akiranspey | 2008-02-11 23:52 | ウエット&スペイ | Comments(6)

MY PAGE

いまにも泣きだしそうな空・・・
時折り吹く風が、どこからかともなく真っ白な雪をはこんでくる。
b0072541_22274798.jpg


そんな日曜日・・・

今日はブルース&ウォーカー15f 7♯8にガイドラインを選択した。
ただなんとなく、今日はノルウェイと過ごしたい気分だった。
右岸からシューティングスペイを繰り返す。
ぎこちないキャストは魚たちを刺激しないか心配になるが、たまに気持ちよく伸びていく
ラインにちょっとした満足感を覚える。
b0072541_2228108.jpg


ここは潮の影響を受ける。この潮の動きこそ鱒と出会う確率を上げる重要なポイントであると聞いたことがある。
そして、僕の立ちこんでいた場所は次第に水かさが増していったのだった。

今でもはっきり覚えている。

数年前、この場所で同じようにノルウェイを相棒に従えキャストを繰り返していたときのこと・・・

朱色に輝く妖しいフライが水に馴染み、縦のターンを始めた直後のことだった。
ゴンッと手元に鈍重な感触が伝わってきた。
すると、直後に物凄いパワーで下流に向かって疾走を始めた。
手元のラインは瞬く間に出て行き、グンッ、グンッとロッドを2回ほどあおったあと
その感触はフッと消え去ってしまったのだ・・・

このことは、僕がスペイを始めて一番の苦い想い出であり、今でも鮮明に脳裏に焼きついている。

b0072541_22293028.jpg

TIEMCO 2008 FLY FISHING CATALOG (本文とは関係ありません)



その悔しさの記憶を消すために、あの時と同じ場所に立ってみた。



でも、いつもと変わることなく時間だけが過ぎていったのだけれど・・・。
[PR]

by akiranspey | 2008-02-03 22:33 | ウエット&スペイ | Comments(12)