<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

その瞬間に・・・

同じように流してもみても鱒の反応はその日によって違う・・・
ナチュラルとかスイングとかドリフト、ターンなどいろんな言葉がありいろんなことをためしてみるけど、だめな日は何をやってもだめなわけで、粘り強くない僕はすぐに心が折れてしまう。

b0072541_011750.jpg


でもたまにこんな鱒に出会えるから釣りは楽しいのであって・・・
いろんな仲間に出会えるから釣りは楽しいのであって・・・
遠征しても思い描いていた通りにいかないから、また次があるのであって・・・

b0072541_0124772.jpg


川もその日によっていろんな表情を見せてくれるから、またその川に足を運びたくなる。
前よりも一段と逞しい顔つきになって僕の前に姿をあらわすんだ・・・
今まで人間になどあったことのない鱒たちは僕と顔を合わせた瞬間、いったい何を考えているんだろうね・・・

b0072541_017410.jpg

いつの日か出逢えると信じて・・・
[PR]

by akiranspey | 2008-07-30 00:17 | 虹鱒 | Comments(13)

道央の本流

不安定な天候が続き川の様子が心配だったが、僕は一ヶ月振りとなる道央の本流を目指し車を走らせた・・・。

雲の隙間から見え隠れする月・・・
月の光のなかで低く垂れ込めた雲が足早に流れていく・・・
b0072541_21305947.jpg


7月の十勝川

薄暗いうちからじっと本流を見つめて濁りのないことを願う。
川の流れる音だけが僕の耳に響き渡り、次第に蒼黒の空が色づき始めるとともに
小鳥達の囀りが賑やかになってくる。

b0072541_21281786.jpg

なんとかなりそうだ・・

本流の流れにお気に入りのフライを流してみる。
鱒の着いていそうな場所があちこちに点在しているものの、本流の重い流れはそう簡単には流れにフライを送り込ませてはくれない。

それでも釣りを始めるとすぐに110-kenさん がロッドを曲げていた。
僕の流れのあとを追って釣り下ってきたABUさんにもアタリがあるようだ・・・
さらに下流にいる、YUNさんも鱒に出会えたようだし・・・
b0072541_21284994.jpg


次第に本流の濁りもきつくなってくると鱒の反応も鈍くなり、僕らは下流に移動する。
地元のJOCKさんと合流しきれいな水が流れ込む合流点へと移動した。
ABUさんがきれいな本流虹鱒をヒットさせ期待が膨らむが本流の濁りのなかで僕のフライは鱒のもとへは届かない・・・
b0072541_21292461.jpg

それでも夕方のイブニングタイムにはたくさんの虹鱒が流れを横切るフライに反応を見せてくれた。ヒゲナガが川面を飛び交う姿も見られた十勝本流・・・

難しいけど大好きな本流です。

メインシステム
 ロッド:TSR13f11 8番
 リール:システムⅡ 10/11
 ライン:STS550グレインⅢ
 リーダー:2X9f
 フライ:オリジナルウエットブラック&イエロー6番

イブニングシステム
 ロッド:コータック13f 6番
 リール:オービスバテンキル7/8
 ライン:ウインドカッター5/6 フローティング
 リーダー:3X12f
 フライ:グレートセッジ改6番
[PR]

by akiranspey | 2008-07-21 21:40 | 虹鱒 | Comments(12)