<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬空に舞う・・・

冬を伝える寒空、そして上流から強い風が吹きつけるなか行なわれたスペイロッド試投会。
b0072541_22574728.jpg


クランから田野氏、窪田氏、そしてECHOロッドの北原氏をお招きして、仙台市を流れるとある河川敷にキャスティングが好きな面々が集まる。
クラン、ECHO、TFO,ウインストン、LOOP、etcたくさんのロッドが並んでいる。
b0072541_2245378.jpg

僕が今回振ってみたかったのはECHOのスペイロッドであるデェック・ホーガンモデル。
最初にラインを通して振ってみたときには柔らかさを感じたが、振り込んでいくとなんともいえない体に馴染む感覚が伝わってくる。
b0072541_22581672.jpg


振り込んでいくと柔らかいというよりはロッドがしなやかに曲がってくれる感触が手元に残る。僕の好きな曲がり方をしてくれるロッドだった・・・

さて、どうしよう・・・。

b0072541_22583933.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-11-30 23:01 | ウエット&スペイ | Comments(10)

十勝雨鱒

b0072541_20452861.jpg

太陽が東の空からすっかりとその姿をあらわしたとき、冬の澄んだ空気のおかげで
さわやかに透き通る青い空が頭上に広がっていた・・・


十勝本流の雨鱒釣り


例年よりも幾分寒さが和らいでいるように感じられた朝の十勝川。それでも気温はマイナス5℃くらいまで下がっていただろうか・・・
川岸の氷もまだその姿をあらわさず、少しだけ土手を歩くときに霜のせいで靴底に土の固さを感じる程度であった。


b0072541_2223155.jpg

本流に集いし仲間達の釣りが始まる。
ゆったりと重々しい流れの岸に立ち、いろんな想いを秘めながらキャストを開始した。
お気に入りの場所からみんなで釣り下る。
やや濁りはあるものの、釣りに影響するような水の色ではない。


川底には大物がいると信じて・・・
b0072541_21192742.jpg

雨鱒60cm。ブラックのジェネラルプラクティショナーが鱒の顎をとらえていた。
このクラスになるとグイグイとトルクのある引きを見せてなかなか水面にその姿をあらわさない。


b0072541_2134316.jpg

あちこちでみんなのロッドが綺麗な弧を描く。


バックスペースのないところで試行錯誤しながらキャストを繰り返す。
そんなところに必ず鱒は着いている・・・
b0072541_2141729.jpg

白く大きな牡丹雪のような斑点が鮮やかな52cm。
濁りのせいか黒いフライに反応がよかった。


b0072541_21443931.jpg

釣り人に優しい十勝川、みんなこの川に癒されるらしい。


釣りが好きな仲間達がなにかの偶然に出逢ってしまっただけのこと・・・
それが大事だったりするんだ・・・。
出逢い、そして語りあったことひとつひとつが僕の記憶に刻まれていく。
いつしかそれがいい想い出となるように・・・
b0072541_21391623.jpg



Tackle Data
  Rod: Bruce&Walker Norway Speycaster Custom15f7-8番
  Reel: Orvis CFOⅥ
  Line: GuideLine Interbody8-9 Tip15fType6
  Leder:2X9f
  Fly : Black GP
 
[PR]

by akiranspey | 2008-11-24 21:47 | アメマス | Comments(26)

北の聖地へ

b0072541_034569.jpg


この魚を探しに北へ旅立ってきます。

久しぶりの友人たちとの再会、そして素晴らしき鱒との出会いを信じて・・・
[PR]

by akiranspey | 2008-11-22 00:36 | アメマス

出会いの瞬間・・・

b0072541_10283230.jpg

朝靄のかかる本流に足を踏み入れたのは東の空から太陽が顔を臨かせてすぐのころだったろうか・・・
秋の色を濃くした木々はすっかり夏色を失い、間もなくやってくるであろう冬の到来を感じさせるには十分だった。
このところの寒さで川の水もぐっと冷たさを増し、いよいよ僕等が追い求める魚も動き出すころだろうかと勝手に想像していた・・・
b0072541_1030356.jpg


北の本流に幻の魚を追い求めて・・・


11月、北の大地にはちらほらと冬の便りが届き始めていた。
b0072541_10432585.jpg


北からの風は頬を冷たく通り過ぎるけれど、本流の流れはせわしい日々を送る僕等を癒すには十分魅力的だった。
遠くから時折聞こえる電車が線路を叩く音と、流れを遮る僕に押し寄せる水の音以外は何も聞こえない柔らかな世界・・・
b0072541_11201871.jpg

広い本流の対岸に少しでも近づけるように僕らはキャストを始めた。
長いランを釣り下っていく・・・
広大な流れの中で、川底の変化をとらえることはできないけれど、不意に訪れるかもしれないその一瞬をみんな信じていた・・・
そんな中、友人のロッドが綺麗な弧を描く。
慎重なやりとりで手中におさめたのは綺麗な白い斑点を身にまとったアメマス。
緊張が少し和らいだ瞬間だった。
そしてまた一人、早い流れのその先で小さいながらも本命の魚を釣り上げた。
みんなに自然と笑顔がこぼれていた・・・

b0072541_10452310.jpg

青く澄んだ北の空がとても近く感じられる。
足早に雲は流れるけれど、時間だけはゆっくり進んでくれることを願っていた。
僕には出逢いの瞬間がなかなか訪れない・・・
b0072541_10491654.jpg


本命の魚を追い求めて僕らはいろんな場所を彷徨った。
頭上を通り過ぎた太陽はいつの間にか西のほうへとその傾きを変えていく。
b0072541_10533676.jpg

夏の陽の長さに反してすぐそこまで来ている冬の始まりであるこの季節の昼間は短い。
時間がない・・・

僕がこの日最後に選んだのは、対岸を射程距離にとらえることのできる左岸のランだった。
マドラーゾンカーからロングテールへとフライを交換してみた。
それでもなかなかドラマは訪れない。
みんなが流し終えたあと、僕はもう一度上流から釣り下る・・・

b0072541_22132953.jpg


魚がいることを信じて・・
僕のフライを見つけてくれることを信じて・・・

ややダウン気味にキャストをして流れをゆっくりと横切らせる。
この流速であればなんとか魚が見つけてくれればフライを追うことはできるはず・・・

そしてその出会いは不意に訪れた。
スイングが終わってリトリーブに入ろうとした瞬間、ロッドがググッと引き込まれた。
根がかりかと思わせたそのラインの先に生命反応が感じられる・・・

間違いなく魚だ!!

流れに乗った魚の引きは強烈なものだった。
ラインをある程度巻き取ると、魚はまたリールの逆転音を響かせて僕から離れようとする。
いつも以上に慎重なやりとりを試みるも、魚はなかなか姿をあらわさない。
底を這うような動きと力強いそのパワー・・・
本命の魚であることを願っていた。
西に傾きかけた陽の光が眩しく感じられる。友人たちがそのやりとりを見守ってくれている。
数分のやりとりの末、やっと水面に顔をだしてくれた魚は間違いなく僕らが追い求めている魚だった・・・
ギラッとその魚体が陽の光で輝いていたんだ・・・
b0072541_1056186.jpg

うれしさがこみ上げてくる瞬間。

少し体の力が抜けた気がした。
ここまでやってきたからには魚に会いたいというはりつめていた気持ちが解き放たれた。
b0072541_10572276.jpg


時を同じくして下流にいた友人のロッドも弧を描いていた。
遠くから頬が和らいでいる友人の顔がはっきり見えた。
b0072541_1165289.jpg

みんなで駆け寄りお互いを祝福する。
素敵な時間をみんなで過ごすことができたんだ・・・。
b0072541_11114886.jpg

北の果てに流れる川も年々その姿を変えつつある。
またいつの日かこの地を訪れるときに、美しき魚に出逢えることを願っている。

メインタックル
 ロッド:TSR DSP16f 12番
 リール:ハーディーゴールデンプリンス9/10
 ライン:ガイドラインインターボディ10/11+Tip15fタイプ8
 リーダー:0X12f
 フライ:マドラーゾンカー、ロングテール

North River Photograph
b0072541_1704225.jpg
 
b0072541_172035.jpg

b0072541_1710433.jpg

b0072541_17143123.jpg

b0072541_21274612.jpg

[PR]

by akiranspey | 2008-11-03 11:15 | イトウ | Comments(20)