<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Variation Style

b0072541_23102176.jpg


フック :ダイイチ2050 #7
スレッド:8/0ブラック
ボディー:ゴールドフラットティンセル
リブ  :シルバーオーバルティンセル
テイル:ゴールデンフェザントティペット
ボディーハックル:スペイハックルイエロー
アンダーウイング:スクイレルテイルグリーン&ピーコックソード 
オーバーウイング:アークティクランナーオレンジ&ゴールデンフェザントクレスト
アイ:ジャングルコック

ワンポイント:ウイングにピーコックハールではなくピーコックソードを使用してボディを覆うようにタイイングする。スマートさが決め手。

b0072541_23103317.jpg


Green Highlander Variation

フック :ダイイチ2050 #7
スレッド:8/0ブラック
ボディー:イエローフロス&グリーンフロス
リブ  :シルバーオーバルティンセル
ボディーハックル:スペイハックルグリーン
アンダーウイング:バックテールオレンジ&イエロー
オーバーウイング:スクイレルテイルグリーン
アイ:ジャングルコック

ポイント:こちらはウイングをややフレアさせてボリューム感を出している。
水に濡らすと実は結構スッキリします。

ともに早春の本流雨鱒用にタイイングしたフライ・・・

その効果はいかに!!
[PR]

by akiranspey | 2009-02-25 23:33 | ウエット&スペイ | Comments(2)

休日のタイイング

b0072541_2238879.jpg

一番好きなフライは何?
と聞かれれば、僕は必ずこう答える。
僕が一番好きなフライはGP(ジェネラルプラクティショナー)ですと・・・

カラーバリエーションも様々で、オレンジ、ブラックあたりがメジャーで、スティールヘットの釣りにおいては、この他にパープル、イエロー、ブルー、グリーンが存在する。
b0072541_2238339.jpg

今回は早春の本流用にチャートリュースとイエローをメインカラーとしたGPをタイイングしてみた。
ロストも避けられないため、かなり簡素化して巻いているが、水に濡れたときの透明感とその輝きはなんともいえない艶やかさがある・・・
b0072541_2239113.jpg


遡上魚や本流での釣りで使用することの多いポーラーベアをアンダーウイングに使い、
このきらめきと透明感が本流の鱒を魅了してくれることを願っている・・・。

b0072541_22392118.jpg


☆メインフライタイイング☆

 フック :ダイイチ2050 #7
 スレッド:8/0ブラック
 ボディー:ゴールドフラットティンセル
 リブ  :シルバーオーバルティンセル
 ボディーハックル:スペイハックルチャートリュース&イエロー
 アンダーウイング:ポーラーベア
            クリスタルフラッシュ
 オーバーウイング:アークティクランナーチャートリュースほかシンセティックマテリアル
            ゴールデンフェザントクレスト
[PR]

by akiranspey | 2009-02-22 22:40 | ウエット&スペイ | Comments(8)

スペイフォト

b0072541_2312354.jpg


北の友人から「載ってるよ!!」と教えていただき買っちゃいました。。。
撮る人が撮ると写真のアングルも素晴らしいです・・・。
友人の作ったランディングネットものってますね~
おや、並んで写っているロッドはB&Wですね・・・

状況次第では今月末にでも行こうかな・・・

ちょっとうれしい1コマでした(笑)
[PR]

by akiranspey | 2009-02-13 23:18 | アメマス | Comments(12)

ライトスカジットシステム

ライトスカジットシステム
b0072541_2220688.jpg

バックスペースのとれない場所は岸際から深くなっており、そんなところには
きっと手の届く距離に鱒は潜んでいる。
本流の流れではなかなかポイントを読み解くことは難しいけれど、よく見れば川面のちょっとした変化を見るけることができる。
b0072541_2226155.jpg

沈み石であったり倒木が横たわっていたり、本流の流れは毎年大きな変化を見せ、その年によって鱒の着く位置は微妙に変化する。
道東の本流を例にとってみると、岸から遠浅になっているところもあれば、岸際1メートルもすれば立ちこめない場所がいたるところに存在する。
僕等が好んで行く場所はやはり後者のほう・・・
岸際からの深みを丹念に探ると、思い描いていたとおり鱒からのコンタクトが確実にある。
そんな場所を思い切って攻めるため、そして鱒とのやりとりを楽しみかすかなアタリもとらえることのできるこんなシステムで次回は挑もうと思う・・・
b0072541_22242854.jpg

ライトスカジットシステム
早春の本流で試してみようと思っている・・・。
b0072541_22251129.jpg

[PR]

by akiranspey | 2009-02-12 22:26 | ウエット&スペイ | Comments(8)

Glasses

Glasses

もう早いもので24年の付き合いになるかな・・・

気がつくと片時も離れたことのない最愛のパートナーが・・・
そう、メガネである。

14歳のときに初めて出会い、どれだけのメガネと同じ時を過ごしてきたのだろうか。
メタルフレームに始まり、黒のセルフレーム、茶色の鼈甲、縁なしメタル、銀縁etc

形も様々で、ボストン、ウエリントン、オーバルなどなど。
b0072541_21432456.jpg


最近では色、形、種類も豊富で、選ぶのにも一苦労する。
でもずいぶん良心的な価格になったものだなあとつくづく思う。
b0072541_21435848.jpg


最近仕入れたこの2つのメガネは、合わせて1万円なり。

ロッドやリールもお求め安いプライスになってくれるとうれしいんだけどね・・・。
[PR]

by akiranspey | 2009-02-01 21:41 | コレクション | Comments(6)