<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本流ヤマメ

東京から友人が来ていたので、久し振りにシングルハンドの似合う川へ足を運んでみた。

宮城県荒雄川本流の釣り

b0072541_20364842.jpg


重々しい雲が幾重にも重なって空を覆いつくしていた。
当初は雨の予報だったが、本流へ着いたときにはその雨足も気にならない程度に穏やかになっていた。

本流で再会した友人はすでに数匹の魚と出逢っているとのこと・・・
釣り上がる友人とは対照的に、僕はウエットで釣り下ってみた。
やや多めの水量は魚の警戒心を解くにはよい感じであり、水面には虫達の気配も十分に感じられた・・・

今日の狙いは本流ヤマメ・・・
あの小気味よいアタリを味わいたく、早い流れに乗せてシルバーマーチブラウンをキャストする。
堰堤が連続する流れには至るところに流れの変化があり、どこから魚が出てきてもおかしくない雰囲気・・・

b0072541_20343623.jpg


ガツンッとウエットフライを引っ手繰る体高のあるヤマメ・・・
流心の流れにフライをナチュラルに送り込み、あるところでフライを浮上させてあげると
反応を見せてくれた。
大きなヤマメは早い流れに着いているようで、アタリだけは何度かあるものの、なかなかフッキングに持っていくことができないもどかしさがあった。
b0072541_20353052.jpg


上流に目をやると友人のロッドもきれいなベンディングカーブを描いている。
ドライフライを軽快に操り、流れのスポットに長い時間フライを置き、次々と魚を引き出す腕前はさすがであった。

下流域に場所を移すと今度は虹鱒が顔を出してくれる・・・
b0072541_203748100.jpg


久し振りのシングルハンドの釣りは繊細で楽しいもの・・・
やっぱり魚に出逢えるとうれしいな・・・
b0072541_20421679.jpg

[PR]

by akiranspey | 2009-05-25 20:45 | ヤマメ | Comments(8)

出会いを求めて・・・

薄暗い湖面に耳を澄ましてみると、時折りボコッというライズ音が聞こえてくる。
岸から20メートルくらいのところだろうか・・・
かなりの大きさの鱒がひと時の静けさの中で食事を楽しんでいるようだ。
b0072541_2225188.jpg



山上湖の釣り・・・中禅寺湖



水面にどこか慌しさを感じる。
この時期、日中の気温は平地とさほど変わらないが、さすがに朝は相当の冷え込みを見せる。水温は8度といったところか・・・
ネオプレーンのウエーダーを通して水の冷たさが体温を奪っていく。

平日だというのにさすがハイシーズン、それなりに釣り人が朝早くから姿を見せていた。
僕が釣りを始めてまもなく、オーバーヘッドのフライマンが良型のレイクをランディングした。
その隣のフライマンも同じようにレイクをキャッチする。
光量の少ない時間帯にレイクは岸寄りしており、太陽が顔を出すにしたがい深場へ移動するらしい・・・
b0072541_22254960.jpg


フライを十分にカウントダウンさせ、周りのフライマンと同じ感覚でリトリーブを繰り返す。いつきてもおかしくない瞬間を夢見て僕はキャストを繰り返していた・・・。

すぐ近くで今度は別のフライマンがホンマスをキャッチした。
カウントダウンは30秒、ロングリトリーブを繰り返しているときに、「きたっ」という
するどく響き渡る声が聞こえてきた。
また別のフライマンがたて続けにホンマスをランディング。
シルバーが眩しい魚体を見せていただき、情報の乏しい僕に的確なアドバイスをくれた。

何度キャストを繰り返しただろうか・・・
気がつくと時刻は午前10時をまわっていた。
湖面は鏡のような静けさに変わり、にぎやかだった鱒の気配は何事もなかったかのように消えてしまった。

気がつくと僕から見えるフライマンで鱒に出逢えていないのは僕だけか・・・

鱒との出逢いが果せないのはいつものことだけれど、ちょっとへこんだ一日でした・・・。
b0072541_22263059.jpg

[PR]

by akiranspey | 2009-05-23 22:26 | ウエット&スペイ | Comments(2)

赤川探索

日曜日・・・
今日は山形県を流れる赤川の中流域を探索してきました。
b0072541_2265275.jpg

とある橋の下流・・・
流れがぐっと狭まり大きな岩が点在している。
もう少し水量が少なくなれば釣り下っていけそう・・・


b0072541_227853.jpg

上流の瀬が終わると広大な流れが広がる。
対岸に流心を置く魅惑的な流れ・・・
14fのロッドでフルキャストしても対岸へは届かない。


b0072541_2272258.jpg

この流れが一番のお気に入りです。
いつかこの流れで鱒と出逢えたら・・・


b0072541_2273620.jpg

鱒のつきそうな流れがいたるところにあり、この川にかよってみようと思います・・・。
[PR]

by akiranspey | 2009-05-18 22:49 | サクラマス | Comments(8)

鮭川のサクラ釣り

サクラとの出逢いを求めて・・・
b0072541_235116.jpg

まだ暗いうちに川へと到着した僕は少し仮眠をとろうとして布団に入ってみた。
あたりにはほとんど明かりがないかわりに、夜空には無数の星が輝く。
静かに車のなかで星空を眺めていると、川のせせらぎの音と合わせて何かの気配・・・
ヘッドライトを付けてみると、夜の散歩中の狸が2匹・・・ちょっとおどろかせてしまったらしい。
鳥のさえずりが遠くから聞こえ始め、東の空が薄青色に色づき始めてきたころに、闇に包まれていた川の流れが目の前に広がってくる・・・

鮭川のサクラ釣り

最上川の支流であるこの川からは、遠くにまだ真っ白な雪に覆われている鳥海山や月山を望むことができる。
b0072541_238155.jpg

ウエーダーを通して伝わってくる水はまだかなり冷たいものだったけれど、土手沿いに生い茂るすっかり春らしい新緑に満ちた木々と雪山とのコントラストが気持ちを穏やかなものにする。
ブラックフェアリーのスペイフライパターンを結び、目の前に広がるプールをゆっくりと釣り下っていく。幻想的な空間が広がっている・・・
b0072541_2310761.jpg


早い流れではティップをタイプ6に変えて、小さなウォディントンを流れの底のほうに送り込む。
b0072541_23113665.jpg



所々に大きな沈石が点在する。石の周りを丹念に流しフライにアクションをくわえてみる。
b0072541_23132462.jpg



岩盤は有力なポイント。際を丁寧に探ってみた・・・
b0072541_2315381.jpg



気温があがってくるとウエットフライに結びかえ、変化のある流れにおくりこんでみた。
b0072541_23163639.jpg



今日も平和な時間が流れていました・・・
b0072541_2318876.jpg


Today tackle
Rod:R.B.Meiser Highlander hybrid 14f #7
Reel:System two 10/11
Line:GUIDE LINE 8/9 interbody tip type3 or type6
[PR]

by akiranspey | 2009-05-06 23:18 | サクラマス | Comments(10)