<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

R.B.Meiser Highlander S2H1306S-4

初夏を思い起こさせる美しいフライ・・・Green Highlanderをイメージして・・・

海を越えて僕のもとにやってきた新しいロッド・・・

R.B.Meiser Highlander S Sereies S2H1306S-4
b0072541_2329545.jpg

昨年の12月上旬にオーダーし約4ヵ月の時を経てUSPSのパッケージに包まれた荷物が今日の夕方僕のもとに届いた。
しっかりとテーピングされたパッケージにはさみを入れて蓋を開けてみる。
最初に目に飛び込んできたのはうれしい贈り物・・・

・RB MEISER MEND MASTER
  050 TAPERED RUNNER
・E.L.F. RUNNING LINE
(extreme low friction)
FLY WALLETの中には4種類のシンキングリーダーとSGS scandi head(Length34.1f Weight472gr)が同封されていた。

パッケージの奥に金色に輝くアルミケースの蓋・・・
いよいよ新しいロッドとの対面である。
はたして今回はどんなアートが施されているのだろうか・・・

b0072541_23261198.jpg


グリップのほうからそっとロッドを取り出してみると、鮮やかなグリーンピーコックの両サイドにブラウンカラーのハックルフェザーがアートされ、イエローからブライトグリーン、そしてラストカラーへのグラデーションは僕のイメージを超えるものだった。

b0072541_23283474.jpg


今回はブライトグリーンというカラーをバットラップオプションでお願いしたのだが、
はたしてこのグリーンというカラーをどう表現してくれるか非常に楽しみだった。
僕がオーダーするときにイメージしていたグリーンは、LAGARTUN Tincelにあるようなグリーンカラーであり、まさにロッドの出来映えはそんなグリーンそのものだった。

b0072541_23345886.jpg


このロッドは中流域の虹鱒をターゲットにセッジの季節をイメージしてオーダーしたものだったから、レインボートラウトとウエットの名作グリーンハイランダーを彷彿させるカラーリングには非常に満足しています・・・。

早く初夏の流れに乗せてみたいですね・・・。
b0072541_23451840.jpg

[PR]

by akiranspey | 2010-03-27 23:36 | コレクション | Comments(12)

キールスタイルチューブ

b0072541_2351358.jpg

春の遡上魚を狙うために巻いたヘビーウエイトのキールスタイルチューブフライ・・・
主に流速の早い本流で使用し、このダブルフックは針先が上を向くため、ヘビーウエイトのフライでも水底に送り込むことができます。
流速の遅い河川ではノンウエイトのチューブフライを使用しラインの重さで沈めるようにします。
b0072541_23521017.jpg

フライについては適当に巻いてますので綺麗ではありませんが、実績はそこそこあります(笑)
春の虹鱒や櫻鱒に早く出逢いたいものです・・・。
[PR]

by akiranspey | 2010-03-25 00:06 | ウエット&スペイ | Comments(2)

春の雨鱒

春の訪れとともに・・・
出会いそして再会
b0072541_225262.jpg

春になると上流で過ごした雨鱒たちが次第に降海を始める。
一日に動く距離は数キロから数十キロといわれているが・・・
遡上魚はよく雪代や潮の干満、増水した水が減水へ向かうタイミングなどによって動き出すと言われているが、降海する雨鱒たちはどのタイミングで降海を始め、どのくらい移動するのだろうか・・・
b0072541_22124450.jpg

そんな雨鱒の群れを探しに十勝川へやってきた11名の仲間達。
この日はやや風は強いものの、暖かな春の陽気に包まれ、朝方の気温も氷点下をさすことはなかった。

期待を胸に、先週友人がよい思いをしたというランを釣り下ってみたが、雨鱒からの反応はほとんどない。
すでに下流へ移動してしまったのだろうか・・・
雨鱒が一休みしそうな場所を探して僕らはキャストを繰り返す。
b0072541_22135268.jpg

大きな群れには出会えないものの、時折り友人たちのロッドが綺麗な弧を描いている。
この川の水はいつも茶褐色をしているが、そんな中から僕のフライを探し出してくれる優しい雨鱒もいた。

大きな雨鱒をランディングしているのが遠くに見える。
b0072541_22143210.jpg

こんなに大勢の人達がそろって釣りのできる環境は北海道でもこの川くらいだろうなと思いながら仲間達の釣りを見守る。
釣れない時間帯になるといつのまにかみんなのロッドの試投会・・・
b0072541_22182257.jpg


笑顔が絶えないのんびりとした時間が流れていた・・・

初めてお会いする友人や1年振りに再会した仲間、いつのまにかキャスティングが上手くなっていた友人など、たくさんの刺激がもらえる十勝川の雨鱒釣り・・・

またみんなで秋にお会いできることを期待して・・・

Todays Tackle
Rod:Meiser Highlander hybrid 14f7#
Reel:SARACIONE MARKⅣ 3 3/4
Line:GUIDE LINE InterBody8/9  15ftype6
Leader:0X9f
FLY:Intruder Paturn Blackbase
[PR]

by akiranspey | 2010-03-15 22:19 | アメマス | Comments(24)