<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本流虹鱒の旅

b0072541_9385152.jpg

今回の旅で最初に訪れた川・・・
イブニングタイムに到着すると川面はおびただしい数のヒゲナガが飛び交っていた。
ライズは散発であったものの、時折ドキッとするような大きなライズ音がどこからともなく聞こえてくる。
川には大きな石が点在し鱒の着きそうなスポットが至るところに存在する。
この日の残り時間はあとわずか・・・
月明かりの力がその存在感を増してくると、川に沈んでいる大石が黒く浮かび上がってきた。
帰りのルートがわからなくなる前に僕は釣りを終えた19日の土曜日・・・。
b0072541_955395.jpg

翌日は朝3時に起床し釣場に向かった。
すでに数人の釣り人が川に立ちこんでいる。
思ったほどの寒さではなく、シャツ1枚で釣りを開始する。
変化に富んだ流れにはR.B.Meiser Highlander-Sの13f#6にt-made new reel
エアフロスカジット390grにタイプ3を10f・・・
フライはセッジ系のウエットをベースにフックサイズは8~10番程度を選択した。
照り付ける日差しは真夏そのもので、きっと気温は30度に限りなく近かったと思う。
b0072541_958071.jpg

釣りをしているだけで、額からは汗が流れ落ち、のどが渇いてくる。
時折り頬を通り過ぎる風だけが気持ちよく感じられた。
少し離れた上流部で友人がいいサイズの虹鱒を釣り上げたとの連絡が入る・・・
僕もやる気を奮い起こすものの、僕のところにはウグイやカジカ、ヤマメ・・・
虹鱒にはなかなか出遭えない。
b0072541_1013083.jpg

夕刻前、遠くから雷音が聞こえてきた。
雨脚はそれほど強くはないが、上流から流木やゴミなどが流れてくる・・・
おかしいな、と思ったのもつかの間、そんなに時間はかからずに川は増水し泥濁色に染まっていった20日の日曜日・・・

毎日、寝る時間を惜しんで、夜のうちに移動した。
体の疲れと眠気からくるまぶたの重さ・・・ときには車を降りて深呼吸をする。
車通りの少ない国道を慎重なスピードで本流を目指す。
夜半過ぎ、峠の町を通過したころから雨脚は強まり、フロントガラスをたたく大粒の雨に不安を隠せない・・・。

本流に着くころには、東の空からうっすらと太陽が顔をのぞかせていた。
思ったほどの濁りはないものの、やはりいつもと比べると水量が多いようだ。
上流部の比較的水色の落ち着いているところを探し、ブラックをベースにしたビーズヘッドウーリーを流し込んでみたが、うぐいからの反応しか見られない。
ポイントを変えてみるも反応はない。
イブニングのプライムタイムを迎えてもその反応は一向に変わることはなかった
21日の月曜日・・・

道央河川中流域
熊出没注意の看板に恐怖を感じながら、藪を掻き分け河原に向かう。

ダム下の流れは複雑な流れを形成しており、岸際には大石が点在し歩行を困難にさせる。
流れの頭に立ち、フローティングラインの先には6番のグレートセッジを結ぶ。
複雑な流れにメンディングを繰り返し、フライをナチュラルに流していく。
虹鱒にこのフライは好まれたようだ・・・
b0072541_10363724.jpg

ここはイブニングのほうが実績の高い場所だけれど、単独釣行ではやはり熊は怖い・・・

やや下流に移動し大きな瀬の頭に立つ。
b0072541_20574924.jpg

対岸までは50メートル以上はあるだろうか・・・
R.B.Meiser Highlander-Sの14fを選択し遠くのポイントを探ってみた。
ワンステップずつ釣り下り、核心のポイントへ差し掛かる。
フライをゆっくりスイングさせていると、グッと押さえ込まれるような重量感が手元に伝わる。ロッドを岸際に倒しテンションをかけてやると、遠くで銀鱗に輝く鱒が宙を舞った・・・
b0072541_10423467.jpg


さらに下流域へ移動し流れが右岸にぶつかる魅力的な場所を友人に教わる。
入渓点がわからなかったが、流れの音色のするほうへ藪を掻き分けていくとその場所は現れた・・・
b0072541_1049710.jpg

対岸の深い流れにフライを送り込む・・・
まずはタイプ3で一流しするも鱒の反応は見られない。
次にタイプ6・・・これでも反応がない。
最後にタイプ6の先端にT14を1メートル足して流し込むと・・・
b0072541_10531063.jpg


この鱒もヒットした瞬間に水面を割って大きくジャンプした。
決して大きくはない虹鱒だけど、リールの逆転音を響かせて疾速する素晴らしいファイターだった・・・

北の大地・・素晴らしい流れです。。。
[PR]

by akiranspey | 2010-06-24 10:43 | 虹鱒 | Comments(16)

本流での出遭い

本流の上流域は開豁な流れが広がっている。
僕は水量が多く流れの速い場所を探し、流れの中で逞しく泳ぐ魚を狙いにウエットフライを送り込む。
b0072541_23161316.jpg

Tackle Data
Rod :Winston IM6 7.3f #2
Reel:Hardy soverigne 3/4/5
Line:Airflo Ridge line DT3
Leader:5x9f
Fly:Silver Wet

昨夜の雨はすでに通り過ぎていたけれど、まだ空には幾重にも折り重なった雲があたりを
覆いつくしていた。
虹鱒が潜む本流域に場所を移す。
フローティングのショートヘッドの先には3Xのリーダー・・・
その先には大型のビーズヘッドストリーマーを結ぶ。
対岸に向かい正面にキャストした後にメンディングを繰り返す。
4,5回メンディングした後にフライが底を捉えたころに2,3回小刻みなリトリーブを
してフライにアクションを加えてみた。
b0072541_23175730.jpg


すぐに手元に違和感があったかと思うと数秒後に水面が炸裂した・・・
ラインの伸びた方向とはまったく異なる方向でまた水面が割れる。
シルバーに輝くグッドサイズの虹鱒が3回、4回と水面から全身が飛び出るくらいのジャンプを見せ,ロッドが綺麗な弧を描いていた・・・
b0072541_2318242.jpg


Tackle Data
Rod:REVIEW CUSTUM 11.6f #5
Reel:HARDY Zenith
Line:Windcutter 5/6
Leader:3X9f

虹鱒の季節到来ですね!!
[PR]

by akiranspey | 2010-06-06 23:16 | 虹鱒 | Comments(13)