<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

極寒鱒

GWに今年初の山上湖の釣りです。夜が明けたころに魚からのファーストコンタクトがありました。スローリトリーブを開始してすぐにゴンゴンッといい感触が手元に伝わってきます。
今年最初の魚は40半ばのブラウンでした。がっ・・・写真撮ろうとしたら猛スピードで逃走。
気を取り直してキャストを続けます。

b0072541_12421128.jpg


キャストを続けること8時間・・・次のコンタクトです。
足元までしっかりリトリーブを続けヘッドの半分がトップガイドを通過したあたりでガツンときました。
念願のレイクトラウトにご対面です。
ここぞというポイントに案内してくれたつっち~さん、必殺のULTフライの生みの親の武井さんに感謝です♪


下界はすっかり春ですが、ここ山上湖はまだ冬の名残りが残っています。
b0072541_12364433.jpg

長袖Tにネルシャツ、パーカにダウンジャケットにウエーディングジャケットでちょうどいいです。
ずっとウエーディングするので体が冷えますね~。
b0072541_1248401.jpg

日を改めてまた山に登りました。本日は総勢10名の山上湖合宿。それぞれが思い思いの場所でロッドを振ります。夜に備えてのんびり釣りをしたいところですが、いつ偶発的事故が起きるかもわからないので
もくもくとロッドを振り続けます。
b0072541_12402797.jpg

b0072541_1250196.jpg

この日はいいレイクに出逢えました。グンッグンッとトルクのある引きはいい感触です~♪
鱒との出逢いは様々だったようですが、夜の宴も楽しいひとときとなりました。
でも・・・前日寝ていないので早々に撃沈です^^
b0072541_12392945.jpg

この日ご一緒いただいた友人のヒットシーン・・・シルエットが素敵でした。そして素晴らしいレイク
おめでとうございます♪
b0072541_12432989.jpg

湖の釣りでは風や湖流など鍵になるものがあるようですが、私にはさっぱりです^^
それでも素晴らしいロケーションでの釣りは格別に気落ちいいものですね~。

翌週には東京の友人との釣りです。この一週間で4日間、山上湖に通っていたようで
すでにおなかいっぱいのようです。うらやましいですね~♪
さてこの日もなんとか一匹のレイクに出逢うことができました^^今年は大量のワカサギが岸寄りしていて
これに引き寄せられるように鱒が岸寄りしていますね!!
早朝なんかははかなりの鱒が岸寄りしていますが、バンバン釣れるかどうかは別問題・・・これが悩ましいところです♪

b0072541_12374930.jpg


出逢う鱒によって体色など様々なレイクがいるのにはちょっと驚きました。
でもどれも印象に残る魚でまた近いうちに会いに行きます♪


【レイクトラウト】
極寒の気候を生き抜いてきた魚であり、食欲は非常に旺盛で、水生昆虫や甲殻類、そこに生息する魚を何でも捕食する。寒冷地ではノーザンパイクやグレイリングを捕食し、共食いもして成長する。また、完全に止水の魚であり、湖と川がつながっている場合でも、河川内に生息する個体は非常に少ない。
日本では1966~1968年にかけてカナダのオペオンゴ湖から水産庁養殖研究所日光支所へ種卵78,000粒を移入して人口孵化を行い、1973~1974年にかけて成魚(平均体長47.4cm)420尾、稚魚(平均体長5.4cm)5,817尾を中禅寺湖に試験放流したのが始まり。現在日本国内の水域でレイクトラウトが繁殖しているのは中禅寺湖のみである。
[PR]

by akiranspey | 2015-05-17 12:53 | レイクトラウト | Comments(6)