<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春の日差しに包まれて

b0072541_22133190.jpg

昨年の秋以来の道東本流への釣旅。薄暗いうちに身支度を済ませやや増水している流れに足元を確認しながら足を踏み入れる。日が昇ったであろう時間には辺り一面が濃い霧に覆われ対岸が全く見えない。連日の気温の上昇で雪代が入り、足首が確認できないほどに川の色も濁っていた。
b0072541_22155419.jpg

友人たちと川に入り黙々とキャストを続けるも誰一人として魚からの反応は皆無であった。
集中力が途切れかけていたお昼時に河原で昼食を済ませ、その後中流域に移動すると雪代でやや濁りがあるものの期待の持てる透明度。それでも魚からの反応はなく早々に宿にチェックインし夜の宴まで翌日の釣行のことを考えていた。
帯広近郊の河川はどの川も雪代による水温低下と増水で期待できないことから、僕たちは翌日には天馬を抜けて日高方面の流れへ車を走らせることにした。
最初の河川は十勝とは違いあまりにもクリアな透明度と減水で早々に見切りをつけ、次の流れへと向かう。
b0072541_2214211.jpg

たどりついた川はやや増水しているものの比較的透明度が高く、期待が持てる流れだった。
b0072541_22145187.jpg

友人たちと下流域で釣りを始めるとここぞという流れで雨鱒が微笑んでくれる。川岸の緩い流れには鮭稚魚が群れており、たまに雨鱒がボイルするシーンが見られた。
b0072541_2222349.jpg

鮭稚魚パターンのフライをストラクチャー付近にキャストしスイングが始まるとグングンとアメマスからの反応が手元に伝わる。
b0072541_22152411.jpg

十勝から天馬を抜けただけでほぼ雪はなく、暖かい日差しに包まれた日曜日。場所移動の選択が珍しくピタリと当てはまったこの日、最後に出逢えた雨鱒はグットプロポーションで白い斑点が眩しく輝く美しい魚だった。
同行してくれた友人たちに感謝します。

追伸:泥しぶきが似合う友人のディフェンダーかっこいいなあ・・・。
b0072541_22213443.jpg

[PR]

by akiranspey | 2016-03-22 22:18 | 北海道 | Comments(11)