人気ブログランキング | 話題のタグを見る

暴風のち雪そしてスカイブルー

湖畔に到着したのは夜中の12時を少し回ったころだった。
車の中にいても聞こえてくる暴風の音が耳に入ってくる。
波が岸に打ち寄せる音は時化た海のようで、GWの初日、予報通りこの日はあきらめざるを得ない状況だった。
せっかくの遠征ですぐに帰るわけにもいかず、東京の友人と相談して轟音響く風の中、釣りを開始することにした。
日の出を迎える時間に湖岸に立つと、先ほどまでの風が嘘のように穏やかな湖面が広がっていた。
朝の早い時間帯には定番カラーのフライを結び、リトリーブを開始した。
岸際数メートルのところにも鱒がいる可能性があるので、ウエーディングをひかえて岸際から探っていった。
カウントダウンを少なく、スローリトリーブでレイクを狙う。
開始30分ほどたったころ、リトリーブしていた左手に違和感を感じ、ゆっくりロッドを曲げていくとグングンッと鱒が首を振る感触が手元に伝わってきた。
暴風のち雪そしてスカイブルー_b0072541_19303022.jpg

幸先よい鱒の反応に気をよくして、隣でロッドを振る友人を見ると明らかに大物とわかるロッドの曲がりが見てとれた。
無事ランディングできるようにともう一人の友人と、大型鱒との攻防を見守っていた。
なかなか寄ってこない鱒との長い攻防の末、手中におさめた鱒は80のステージにあと少しの狡猾な表情をしたレイクトラウトだった。
暴風のち雪そしてスカイブルー_b0072541_193055100.jpg

この鱒を見た後に、私のロッドが再び弧を描く。
先ほどよりもパワーのある引き味にブラウンがヒットしたかと思ったが、姿をあらわしたのは先ほどより少し大きなレイクトラウトだった。
友人が捕らえた初めてみた風格のある鱒の姿に今日はいい日になるかもとひそかに思っていたが、いつもの通りあとが続かなかった。
ホンマスの釣果も聞こえていたから、場所を変えてホンマス狙いにシフトしキャストを繰り返すも予報通り波が高くなり、雪が舞い始めたころに早々とこの日の釣りを終えた。

暴風のち雪そしてスカイブルー_b0072541_19323556.jpg

真っ青な空が広がる穏やかな釣り日和となった次の日・・・
順調に釣果を伸ばす友人とは対照的に僕のところに鱒からのコンタクトはなかった。
暴風のち雪そしてスカイブルー_b0072541_1933223.jpg


でも時折り昼寝をしながらスカイブルーの空を眺める時間がとても格別に思えた
今年のGWの釣りだった。
暴風のち雪そしてスカイブルー_b0072541_19314374.jpg

by akiranspey | 2016-05-04 19:35 | レイクトラウト

<< Beautiful Cherry!! 中禅寺湖 >>